マグプルからアイウェア製品が新発売。耐衝撃・耐久性に優れた『Explorer』『Terrain』『Summit』を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
マグプル(Magpul)社が、耐衝撃性と耐久性に優れた3種類のアイウェア『Explorer』『Terrain』『Summit』を発表した。同社がアイウェアを手掛けるのは今回が初めて。

Photo from Magpul Industries Corp.
『Explorer』は普段使いを考慮したカジュアルなデザインを採用


Photo from Magpul Industries Corp.


Photo from Magpul Industries Corp.
『Terrain』と『Summit』は目尻側を覆うレンズカーブが深いデザイン。『Summit』はやや細身のフレーム。

様々な環境・状況を想定し独自開発した7色のポリカーボネイトレンズ、プラスチック素材:TR-90 NZZで成型された軽量フレーム、ヘルメットやヘッドセット使用を考慮したロープロファイルの柔軟なテンプル(つる)、3モデルとも耐衝撃基準ANSI Z87+に準拠(『Terrain』『Summit』はU.S MIL SPEC MIL-PRF-32432にも準拠)、といった耐衝撃性、耐久性、柔軟性に特徴を持つマグプル社らしい製品となっている。

●価格:
Explorer / ノーマルレンズモデル 99ドル、偏光レンズモデル 139ドル
Terrain / ノーマルレンズモデル 109ドル、偏光レンズモデル 149ドル
Summit / ノーマルレンズモデル 109ドル、偏光レンズモデル 149ドル

●ノーマルレンズカラー:グレイ、ローズ、
●偏光レンズカラー:ゴールド・ミラー・ブロンズ、ブルー・ミラー・ブロンズ、グレイ・グリーン、ブロンズ、ブルー・ミラー・ローズ
●フレームカラー:ブラック、グレイ、トータス(べっ甲柄)


Photo from Magpul Industries Corp.
Click to enlarge.

Text: 弓削島一樹 - FM201807

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop