MAGPULのレミントン700用タクティカルシャシーストック「Magpul Pro700」がデリバリー開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
今やアメリカで最も有名なガンパーツメーカーとなったMAGPUL(マグプル)からボルトアクションライフルの大定番、レミントン700専用のタクティカルストックがリリースされた。
名称は「Magpul Pro700」で価格はフォールディングストック仕様が999.95USドル、固定ストック仕様が899.95USドル。

Photo from Magpul
ストックとしては約1000ドルと高価だがそれだけの価値があるという。
重さはストックのみで約2.4kg。


Photo from Magpul
非常に軽く装着はボルト2本でOK。
ストックから取り外したレミントン700の機関部を載せ替えるだけで完了する。

そしてこのようなさまざまな特徴を備えている。

Photo from Magpul
以下にそのポイントを紹介しよう。

まず骨格となるシャシーは6061-T6のアルミ合金製。

Photo from Magpul
表面はタイプIIIハードアナダイズド仕上げとなっている。

操作系は完全アンビ仕様。

Photo from Magpul
フォールディングストックの折りたたみ方向やチークライザーの向き、ボルトハンドル(サウスポーモデル)を調整・変更することができる。

ストック部はフルアジャスタブル。

Photo from Magpul
一般的な上下左右のサイズ調整はもちろんショルダーパッドの傾きなども調整が可能。

ピストルグリップは選択式。

Photo from Magpul
ポリマー製で5度と7度から選択が可能。さらに前後方向へ0.75インチスライドできる調整幅も設けられている。

オプション対応はレイルスロットとM-LOK。

Photo from Magpul
ストック部の左右と下面にはM-LOKスロットを装備。
上面のフォワードレイルはNVやサーマルビジョンの装着用だ。

なお、このPro700は今年1月に開催されたSHOTSHOW2018にて発表・展示されたもの。
この時展示されたモデルからほとんど変更がない状態で今回のリリースとなっている。

カラーは両バージョンともブラック、フラットダークアース、オリーブドラブグリーンの3色を展開。

Photo from Magpul
ボルトアクションライフルの代名詞ともいえるレミントン700用、加えてブランドイメージのいいMAGPUL製ということもあり発売直後の出足は非常に好調という。
そのうちすぐに画像や動画などで目にする機会が増えるだろう。

Magpul Pro 700
https://www.magpul.com/featured/magpul-pro-700

Text: 乾宗一郎 - FM201808

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop