ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
台湾のModify社がIWA2019の同社ブースにて、ロシア製の短機関銃PP2000のガスブローバック版の試作品を展示した。
PP2000は2000年にKBPが開発した9mm口径の短機関銃。設計から既に20年近くが経過しているもののシンプルなストレートブローバック方式による確実な動作と、徹甲能力を持つ7N31弾を使用することによる高い火力によって高い評価を得ており、ロシアでは主に警察に配備されている。プーチン大統領が工場を視察に訪れた際に、PP2000を片手で構えている写真も有名ではないだろうか。

Modify社が開発中の「PP2K」はガス/CO2ブローバックモデル。1.3kgと軽量だが、ストックやトリガ-、アッパーレシーバー等はスチール製で耐久性も高い。ピカティニー規格のレイルを装備しドットサイトの搭載も可能。その他のギミックや内部メカの詳細は不明だが、チャンバーパッキンは東京マルイのシステムと互換があるようだ。価格は未定。9月発売とのこと。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201903
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
台湾エアソフトメーカー「SRUプレシジョン」がスタンダード電動ガン用『M4A1ブルパップキット』を発売
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
 台湾エアソフトメーカー「SRUプレシジョン」がスタンダード電動ガン用『M4A1ブルパップキット』を発売 (2019-03-05 12:36)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop