完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
エアソフトによる狙撃動画で知られるオーストリアのNOVRITSCH氏がエアソフト用エクソスケルトンを紹介した動画が話題となっている。
この外骨格システムを製作したのは「Explosive Enterprises Airsoft」。
武装を懸架する椀部はステディカム用のハーネスアームを流用している。

Screenshot from NOVRITSCH - VLOGS
一見すると角パイプやチャンネル材を組み合わせたDIY作品に見えてしまうが、その構造はキチンと外骨格として成立しているという。

Screenshot from NOVRITSCH - VLOGS
右手にはガス式のミニガン(マイクロガン)を装着。
パワーソースは背部ユニットに搭載する。

Screenshot from NOVRITSCH - VLOGS
左手には電動のMG42を装着。

Screenshot from NOVRITSCH - VLOGS
スプリングやダンパーのテンションによって両椀に搭載した銃の重さを感じさせず、指一本で軽やかに可動させることが可能だ。

Screenshot from NOVRITSCH - VLOGS
足腰の動きに追従する大腿部と脛部の外骨格構造もポイント。
総重量は約36kgあるがフル装備状態でジャンプすることもできる。

そしてExplosive Enterprises Airsoftのfacebookページではこんなフルアーマー仕様も・・・

Photo from Explosive Enterprises Airsoft
実用性はともかく男子の琴線に響きまくりなこのエクソスケルトン。
海外のエアソフターのみならずさまざまな方面から注目されているようで、上記の動画は公開後2週間で約10万回も再生されている。

NOVRITSCH.com:https://novritsch.com
Explosive Enterprises Airsoft:https://www.facebook.com/EEskunkworks

Text: 乾宗一郎 - FM201812

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催
フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表
【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 装備好きサバイバルゲーム祭典「ギアフェス東北」が今年も開催 (2019-04-05 18:22)
 フランスのサイバーガン社が、米国のエアソフト販売最大手『Evike.com』と専売契約を発表 (2019-04-05 18:02)
 【PR】「コンバットゾーン京都」の直営新フィールド、『コンバットゾーンシエラ』が滋賀県大津市にオープン (2019-04-02 19:23)
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop