NIKE×UNDEFEATEDコラボ企画の新ロゴデザインが『海軍兵学校』の紋章に酷似

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
12日、世界的スポーツ用品メーカーである「ナイキ(NIKE)」と、ロサンゼルスを拠点として展開中のスニーカーショップ「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」が、「サッカーワールドカップ2018」の開催を記念したコラボレーション企画として新たなロゴを発表。そのデザインが『米海軍兵学校(United States Naval Academy)』の紋章と類似していることから話題となっている。

NIKE-UNDEFEATED (L) / U.S. Naval Academy (R)
問題となっているロゴデザインを比較。向かって左側がナイキ×アンディフィーテッドの新ロゴデザインで、右側が海軍兵学校の紋章。
まずは問題の新ロゴデザインを見てみよう。トップに配置されたカップにはナイキのロゴ「スウッシュ」と「MMII」の文字が、向かって左側には「すべてを尊重する(respect all)」と記載され、右側には「恐れるものは無い(fear none)」とある。そしてボトムには企画名である「The Fives」と、アンディフィーテッドの拠点でもある「ロサンゼルス(Los Angeles)」が記載されている。

一方で海軍兵学校のロゴをみてみると、トップには海神の標章であり制海権の象徴でもある「トライデント(魚を突くための「三つ叉」)」が、米国を意味する「U.S.」と共にある。そして左側には海軍を意味する「Naval」が、また右側には士官学校を意味する「Academy」と記されている。またボトムには「海を制する力は知識から」を意味する標語「Ex Scientia Tridens」が分割して記載されている。
1899年に採用されたこの海軍兵学校の紋章は、同校の卒業者であり、その後特許専門の弁護士、内科医となったパーク・ベンジャミン(Park Benjamin)がデザインしている。

メリーランド州の地方紙「キャピタル・ガゼット」によると、現在までに海軍兵学校が耳にするに至っており、広報担当官曰く「即答はできないが、類似性について調査をしている」と語っている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop