ニコンの2018年新製品、『P-TACTICAL SPUR』レッドドットサイト

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 国内軍事関連 Comments(0)
ニコン(Nikon)が軽量コンパクトで明瞭な視界を提供する、2018年度の新製品リフレックス・レッドドットサイト『P-TACTICAL SPUR』の紹介トレーラーを投稿した。

Screenshot from Nikon 2018 Catalog
新ラインナップ「P-Tacticalオプティクス・ファミリー」に属するこの製品は、素早く、直感的にターゲットを狙い撃つことに貢献し、信頼性の高さがウリ。完全マルチコートレンズと独自の「TRUCOLOR」コーティングで設計されており、リフレックスサイトにみられがちな青みがかった色合いを排除。裸眼で見るような明瞭で自然な情景がもたらされる。

SPURの3MOAドットは、10段階の輝度調節が可能となっており、その内の最初の2段階については、ナイトビジョン互換設定となっている。
CR1632バッテリー×1個で駆動。連続15,000時間(=約21ヶ月)のロングライフを誇り、バッテリー交換時期が近付くと赤色ドットが点滅して射手に知らせてくれる。


Photo from Nikon 2018 Catalog
着脱式のピカティニー規格対応レイルが付属し、様々な銃器に搭載が可能。重量は1.1オンス(=約31グラム)と軽量で、軍用モデルでお馴染みのトリジコン(Trijicon)製「RMR(Dual-Illuminated)」が1.2オンス(=約34グラム)であることと比べても更に軽量であることが分かる。

海外における小売価格は219.95ドル(=約2.3万円)。全ての付属品を含めて5年間のメーカー保証が付く。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop