週末はサバゲー三昧。米国のMilSimゲームの舞台は海兵隊キャンプ・ペンドルトン基地内の市街地訓練場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米国のエアソフト軍事シミュレーションシリーズ、「オペレーション・ライオン・クロウズ(OLCMSS: Operation Lion Claws Military Simulation Series)」提供によるサバイバルゲームイベント、「オペレーション:デビル・ドッグ・デイ・オブ・レコニング(Devil Dog Day of Reckoning)」が、2月17日から19日の3日間に渡って開催された。
Airsoft WAR: Operation Devil Dog at Camp Pendleton K2 (MilSim) - Part 1
このイベントゲームは、米国の大手エアソフトショップEvike.comや、エアソフトGIの他、G&Gアーマメント、ICSエアソフトといった台湾エアソフトメーカー、ウェアラブルカメラのGoProなどがスポンサーとして支援している。

そして、注目は何と言っても、そのバトルの舞台となっているのが、米海兵隊が「西海岸随一の遠征訓練場だ」としている、カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトンの一角にある、都市型訓練施設「K2(Kilo-2)戦闘市街地」となっている点になろう。


Image from USMC
戦闘市街地の中には、A~Hまでの「ゾーン」があり、学校やスーパー、モスク、サッカー場、墓地、ガソリンスタンドの他、モジュラー式となった建屋が用意されるなど、実戦想定した模擬市街地が広がっている。

参加資格は18歳以上で、料金は140ドル(=約15,700円)。収益の一部は海兵隊舞踏会基金(USMC Ball Fund)に寄付されるという。

またドレスコードについては、SOCOM側がマルチカム、レンジャー、デザート・マーパット、USMCとなっている一方で、シビリアン・マーセナリー側がPMCスタイル、ロシア、人民解放軍など、TAN系統をベースとしない被服が求められている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop