独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 Comments(0)
独ソ戦再現イベント、「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が、2018年12月22日(土)、23日(日)の会期で和歌山県橋本市の「バトルランドー1」で開催となる。 申し込み締め切りは12月中旬。
今回のオストフロント1944は、第二次大戦をテーマとした「リエナクトメント=Reenactment(戦闘再現)」。
歴史の中で実際に行われた戦闘を可能な限りで再現する体験型イベント。この種のイベントは世界を見渡すと国や自治体、軍隊の主催または協力によって開催されていることも珍しくないが、日本国内では発展途上のカテゴリーとなっている。










WW2独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944 ~グナイゼナウラインの攻防」
日時:2018年12月22日(土)・23日(日)の二日間(小雨決行・荒天延期(予備日未定))
※雨天時の中止の判断・ご連絡方法についてはお申し込み後追って連絡
会場:和歌山県橋本市「BattleLand-1(バトルランド)」http://bl.ord.cc/
費用:5,000円(1人・イベント給食費(14日朝食、昼食)含む)、男性見学、出店者は500円、女性、子供の見学は無料。

概要:
1944年4月13日~14日。クリミア半島セヴァストポリ近郊の町シンフェーロポリ郊外でソビエト労農赤軍とドイツ陸軍の間で起こった戦闘をテーマにしたリエナクトメント(戦闘再現)
※本イベントの戦闘リエナクトメントは殺傷能力の無い、小火器等を模擬した物を使用し、各種行動、被服装備に規定を設けたものです。一般に言われるサバイバルゲームではございませんのでご注意ください。
※各種規定にそぐわない装備での戦闘リエナクトメント参加は原則できませんので予めご理解ご了承の上ご参加ください。

戦闘リエナクトメント参加募集部隊
・攻撃側 「ソビエト労農赤軍 第279歩兵師団 第1003歩兵連隊 第2大隊 第1中隊」
・防御側 「ドイツ陸軍 第336歩兵師団 第685擲弾兵連隊 第Ⅰ大隊 第2中隊」

※戦闘参加者は必ずレギュレーションを確認し、準備を行って下さい。
※レギュレーションを守っていただけない方は当日であっても戦闘リエナクトメントへの参加をご遠慮いただく場合があります。

・申込方法
公式サイトの各注意事項・レギュレーションをご熟読・ご理解の上、参加申込ページよりお申込みください。
※「オストフロント」で検索 http://his-event-kansai.com/

・主催
関西ヒストリカルイベント運営事務局 http://his-event-kansai.com/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop