豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 国内軍事関連 Comments(1)
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
我が国の自衛隊が使用している自動小銃「64式」「89式」を開発した豊和工業が、秘密意匠制度のもと出願していた新型自動小銃らしき銃の意匠がこの度公開された。
秘密意匠制度(意匠法第14条1項)は、3年を限度として意匠を非公開とできる制度。開発中の製品など、意匠を登録したいが公開は発売後としたい、といった場合に用いられる。今回発表された意匠は2015年5月15日に登録されたものであるという以外の詳細は不明だが、以前から噂されていた自衛隊の新制式小銃、ないしはその試作である可能性が高い。

FN社のSCARやCZ社のBRENに似た構成。ショートストロークガスピストン式のように見える。セレクターはアンビ式のようだ。
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開

コッキングレバー用の溝が左側面にもあり、こちらもアンビ式と思われる。ストックは伸縮式で、チークピース交換式のように見える。
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開

その他「空薬莢収納袋」なども意匠登録されている。2種類登録されており、こちらはレシーバー側面のピカティニーレイルに取り付けられるようになっている。
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開

豊和工業は他にも「銃」やその他パーツの意匠登録をしているが、興味深いのは同じ意匠を用いて「銃おもちゃ」を登録しているケースがあることだ。実銃が発売される前にエアソフトガン化されてしまうことがあるような、昨今の事情が伺える。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201807
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開
ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
 謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開 (2020-02-27 20:04)
 ネヴァダ州ハイウェイパトロールがシグ社のP320プロキャリーを制式拳銃に選定 (2020-02-25 20:11)
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
この記事へのコメント
CZ者の銃は好きなので、スコーピオンEVO3の前半分にCZ806の後半部分をくっつけたような銃が採用されればうれしい
Posted by 名無しのミリオタ | at 2018年10月07日 01:44
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop