香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Battle Arms Development(以下B.A.D https://www.battlearmsdevelopment.com)といえば独自デザインのAR用パーツやコンプリートガンをラインナップしているカスタムメーカー。
香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
そしてこの度、そのB.A.Dが香港の大手エアソフトショップ兼メーカーのRedwolf Airsoft(http://www.redwolfairsoft.com)とライセンスに関する契約を締結しました。

香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via RedWolf Airsoft
これにより、RedwolfブランドでB.A.Dコンプリートのガスブロや電動ガン、そしてカスタムパーツなどがリリースされる予定です。

香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
ちなみにPTW用のB.A.D製品についてはZ SHOT-USAが独占権を持っているのでRedwolfからはリリースされないようです。

とにかく、写真などでここ数年よく見かけるB.A.D製のパーツであれば、軽くてデザイン性の高い最新モードの民間ARを再現できるでしょう。
香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
お好きな人にとっては今後も要チェックですね!

Text: 乾宗一郎 - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop