香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
Battle Arms Development(以下B.A.D https://www.battlearmsdevelopment.com)といえば独自デザインのAR用パーツやコンプリートガンをラインナップしているカスタムメーカー。
香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
そしてこの度、そのB.A.Dが香港の大手エアソフトショップ兼メーカーのRedwolf Airsoft(http://www.redwolfairsoft.com)とライセンスに関する契約を締結しました。

香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via RedWolf Airsoft
これにより、RedwolfブランドでB.A.Dコンプリートのガスブロや電動ガン、そしてカスタムパーツなどがリリースされる予定です。

香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
ちなみにPTW用のB.A.D製品についてはZ SHOT-USAが独占権を持っているのでRedwolfからはリリースされないようです。

とにかく、写真などでここ数年よく見かけるB.A.D製のパーツであれば、軽くてデザイン性の高い最新モードの民間ARを再現できるでしょう。
香港 Redwolf Airsoft が「Battle Arms Development」とライセンス契約を締結
Capture screen via B.A.D
お好きな人にとっては今後も要チェックですね!

Text: 乾宗一郎 - FM201609

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop