ショットショージャパン2017冬 搬入日速報

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
12月2日(土)・3日(日)に大阪ミナミ・アメリカ村で開催されるショットショージャパン 2017冬の部。恒例の搬入日速報をお届けする。

ショットショージャパン公式ページ:
http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html

SAMURAI
日本初登場、ドイツのライセンスホルダーUMAREXによる正規品エアコッキングハンドガン。

サバイバルゲームに特化した製品で人気のAMOEBAシリーズに完全対応する9㎜用マガジンで、他者との差別化を図ることできる。

アングス
注目の新製品「カモフラアート(CamouflaArt)」は、はがせるフェイス&ボディペイント(ドーラン)。安心の日本製で、ラテックス不使用、保湿剤入りにより肌に優しく、手間なく簡単にはがすことができる。

防水ケース入りで、Aタイプ(ブラウン、ブラック、グリーン)、Bタイプ(ブラウン、枯草色、グリーン)のパッケージ販売と、補充用単色販売も用意。自衛隊・北海道演習にて試用済となっている。

塗ってから暫くすれば、擦るだけで簡単に剥がすことができる。擦らなければペイントは1日でも十分に持続するとのこと。3色セットで参考上代1,500円、詰め替え用スタンディングパウチは各色1,700円。
G&Gアーマメント
2018年新発売予定のCM16 Raider 2.0 / DST。

CM16 Raider-L 2.OE / DST。

DSI Club
ショットショージャパン主催のDSI Clubイチ押し新商品は、Klarus Mi7 Ti チタニウム。単三アルカリ1本使用で小型ながらも300ルーメンを出力。しかもハイ、ロー、ストロボの3モード切り替え機能付き。ショットショー特価15,000円で販売。

紅八連
オペレーション・デザート・ストーム、オペレーション・デザート・シールドの各種パッチ。参加国のナショナルフラッグの組み合わせにも注目。

P・Box
ポーランド軍2003年式ヘルメット。28,000円。

LAガンショップ
中古エアガンを大量販売。写真は店主イチ押しのKSC製マカロフPM。13,800円。

VOLK Tactical Gear
ツートンカラーが人目を引く、VTG新製品「マウンテン・ソフトシェル・パーカー(Mountain Softshell Parka)」。色使いを反転させた仕様違いと、サイズはM/Lの展開。表面の材質はウェットスーツの様な質感となっている。

VOLK L9コンバットシャツ。カラーはウルフグレー、レンジャーグリーンの展開。補強箇所、伸縮箇所、速乾素材といった部位によって使用部材を使い分けて縫製。着用者の快適性を徹底追及した製品となっている。

AGGRESSOR Group
ライラクス(LayLax)製「ゴーストギア(GHOST GEAR)」シリーズ最新戦闘服、陸自迷彩を使った「メンズ コンバットシャツ(メーカー希望小売価格6,800円) / パンツ(同9,800円) GenII JSD」を先行展示。サイズ展開は上下ともにS、M、L。

ブース内各所に、ショットショージャパン開催中のみの限定特価品が幾つも用意されていた。

TPラボ
一見すると従来同様のパッチに見えるが、こちらは新製品の「革製パッチ」。革ならではの高級感を醸している。クルセーダーの周りを赤いステッチが走っておりインパクトがある。

星条旗にマーシャルロゴを大きく採り入れたデザインは、本場米国のマーシャルからも支持を得ている。

オリジナルデザインのイラストを使った色鮮やかなパッチも。

ハンマーズ
新鋭メーカーRAPTOR製の現用ロシア軍LMG、PKP電動ガンはイベント特価62,000円。LCT製AK74電動エアソフトをベースとしたクレブスKV-13タイプのカスタムライフルにも注目。

ライラクス
鋭意開発中で発売に期待が集まる、クライタック次期新製品「TR47」が展示。

メカニックデザイナーの石渡マコト氏(ニトロプラスアーツ)によるカスタムパーツを搭載した東京マルイ次世代電動ガン「AK102」。次期新製品はセレクター。写真では分かり難いが指の引っ掛かりに合わせたラウンド形状となっているのが特徴。

明日香縫製
中東・民兵装備、民族衣装に強い明日香縫製。

今回はカミース、パコール、パトゥといった商品が強化されていた。

フォースター
(上)EMG Falkor AR-15レキーライフル、フルメタル電動ガン(グレイ)。定価59,400円がイベント特価につき37,500円。
(下)EMG Falkor ディフェンス・ブリッツAR15アンビSBR電動ガン。定価57,240円がイベント特価につき36,500円。


以上、来場予定の方にとっては購入のガイド的に、また遠方で来場が難しい方にとっては、会場の雰囲気を少し味わって頂ければ幸いだ。

なお、もちろん本稿でご紹介する各ブースならびにその商品が全てでは無い。ブースの準備状況によっては撮影が間に合っていないことが多々あることを予めご了承頂きたい。また、ご紹介し切れなかった写真については、下記ミリブロ公式FaceBookギャラリーにて投稿しているので、こちらも是非ご覧あれ。



ショットショージャパン 2016 冬
日時:2017年12月2日(土)、3日(日)両日とも10:00~17:00
場所:大阪市中央区西心斎橋2-9-28 サンボール地下 1 階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。
料金:前売り券 500 円、当日券 600 円

ショットショージャパン公式サイト
http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html
12月2日(土)、3日(日)は冬のショットショー


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop