メキシコ麻薬戦争映画『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』のトレーラーから登場する銃器を検証

映画・テレビ Comments(0)

2015年に公開された『ボーダーライン』(原題:Sicario)はメキシコを舞台に麻薬戦争を題材としたアクション映画。その激しいバトルシーンや凝った設定はマニアから見ても非常に好評だったが、注目の続編となる『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』(原題:Sicario: Day of the Soldado)が2018年6月29日に全米公開。それに合わせて新たなトレーラーがyoutubeで公開されている。

関連記事:
「ボーダーライン」スピンオフ作品『SICARIO: Day of the Soldado』海外版トレーラー第2弾が公開

今作は前作「ボーダーライン」のスピンオフ作品となり、CIA職員のマット(ジョシュ・ブローリン)とコロンビアの元検察官、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)を中心にストーリーが展開される。

麻薬カルテル同士の抗争を狙って暗躍するCIA。あるカルテルのリーダーの娘を拉致し、さらに救出を偽装してメキシコに連れ帰ることになる。しかしその途中、護衛のメキシコ連邦警察から突然の奇襲攻撃を受けて・・・というストーリーだ。

ここでは公開されたトレーラーからこの作品に登場する銃器類を紹介しよう。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
まずジョシュ・ブローリン演じるCIA職員のマットはDaniel DefenseのM4A1を使用。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
オプティクスはEO-Tech、マガジンはPMAG、フォアグリップやウエポンライトも搭載している。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
この独特のストックはDD製M4ならではのものだ。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
またこのシーンでは一瞬だけフォアグリップやレイルカバーが確認できる。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
個性派俳優のベニチオ・デル・トロが演じるアレハンドロはH&KのUMPを使用。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.


© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
印象的なドットサイトはtrijiconのSRSを装着している。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
アレハンドロはハンドガンとしてSIGのP226を装備しているが、暗殺シーンではBerettaの92Fを使用。右手で構えて左手でトリガーを引くバンプファイヤーが見られる。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
また、誘拐シーンではS&W製と思われるオートマチック(型番不明)も使用していた。

山場となるメキシコでのコンボイ襲撃シーンではCIA職員らのさまざまな銃器も確認できる。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
このオペレーターはFNのSCAR-Lを装備。
ブラックモデル+ショートバレルのCQCバージョンだ。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
こちらのオペレーターはH&KのG36Cを所持。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
その他の同僚らもライフルはM4を中心としたカービンを使用していた。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
メキシコ連邦警察の護衛車両に搭載されているのはFNのM240B。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
暗殺シーンではH&KのMP5Kを用いてターゲットを襲撃。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
主人公のマットはH&KのMP5を使用するシーンもある。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
銃器ではないが印象的なのが無人機MQ-9リーパー。
援護機としてコンボイの頭上を飛行し、アンブッシュへの反撃としてマットの誘導で爆撃を行った。

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
以上が第一弾および第二弾のトレーラーから確認できた銃器類だが、告知されているストーリーから判断する限り本編ではさらに多くの銃器類が登場すると思われる。
なお、日本での劇場公開は2018年11月に予定されている。

Text: 乾宗一郎 - FM201808

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開
ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開
WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
 ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開 (2018-09-28 18:56)
 ニュージーランド・ヘラルド紙が陸軍特殊部隊『NZSAS』の特集コンテンツを公開 (2018-09-27 20:23)
 WWEレスラー出演、映画「ネバー・サレンダー」シリーズ第6弾『The Marine 6: Close Quarters』 (2018-09-25 16:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop