2017ショットショージャパンSP搬入日速報

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
いよいよ明日・明後日で開催される関西最大のミリタリー物販イベント「2017ショットショージャパンSP」。その恒例の搬入日速報をお届けしよう。

ショットショージャパン史上初の「SP開催」だが、各ブースからそれに相応しいイベント特価セール、本邦初公開の新製品など目白押しとなっていた。

ショットショージャパン公式サイト
http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html
Dress&Gun
Twitter上で話題となっていた木製パーツ。木の温もりを感じるこちらの製品は、日本らしい「こけし」を象った一品。握り心地も抜群。

「KABUTO Tactical」からは、熱対策が必須の実銃用パーツとは違い、エアソフトならではの遊び心溢れる木製パーツが続々と登場。

また、Dress&Gunブースでは、食品サンプルを加工したエアソフト専用のハイダー各種も充実。

実際に取り付けしてみればこんな感じ…。フィールドでウケること間違いなしのアイテムとなっている。

DSI Club
クラルス (KLARUS)XT11GTは、脅威の2,000ルーメンを誇るフラッシュライト。しかもUSBケーブルでリチャージ可能なので経済的。

ナイトコア(Nitecore)T5Sミニフラッシュライト。単四電池一本で駆動する小型ライトながらも最高出力は65ルーメンを誇り、調光機能、ストロボをも搭載している本格派。

モデルショップ PaPa
本邦初公開、システマ製トレーニングウェポン用新製品。(今回は展示のみ)

インナーバレル長が150mmのシリンダーユニット「M4-150」。流速カスタムに向けたもので、強力なスプリングとの組み合わせを防止するために4箇所のポッチリが付けられている。

紅八連
中国、北朝鮮、ロシアと、日本から(物理的に)近くて(精神的に)遠い国々の面白アイテムが充実している紅八連ブースは今回も期待を裏切らない変わりダネを持ち込んでいた。プーチン大統領の睨みが利いたTシャツや…

トランプ大統領のTシャツ、金正恩Tシャツも。この他、貴重な北朝鮮グッズも置いていた。

ゲロバナナ
秋冬用に嬉しいパタゴニア製PCU・Lv4、MARS。

ベロモルカナル
現用ロシア軍の個人身だしなみセット。

こちらも現用ロシア軍で使用されているデジタル迷彩のジャケット。かなり大きめの造りで、ざっくりと被る。

90年代を中心にロシア法執行機関でよく見掛けられたベスト。デッドストック品はレア。比較的薄いファブリックが使用されている。

フォースター
毎度大量のエアガンを持ち込んでいるフォースター。

今回も海外製エアガン本体を中心に、各種パーツ類が所狭しと置いていた。

明日香縫製
映画「エネミーライン」で有名なジャージが再入荷。

Dress&Gunとのコラボによる明日香縫製限定販売のウサギのぬいぐるみ。カミースとシュマグの組み合わせがポイント。

ハンマーズ
LCT製STK74完成品をベースとしたZenitカスタム。光学機器を除いたフルセットで11万円相当が、限定特価9.8万円。

七洋交産
Hazard4製の速乾Tシャツ。写真では分かり難いが、メッシュ生地となっているので肌触りが良い。

思わずデスクに飾りたくなるMagpul製MOEバギーの模型。

SAMURAI
ネット通販専門ショップのSAMURAIがショットショージャパン初出店。TMC Japan公式Lineに登録で素敵なプレゼントが貰えるキャンペーンを実施中。

ショットショージャパン初出店を記念し、エアソフト用のPEQ型バッテリーケースやタクティカルライト、バイポッドなど、様々なアクセサリー類が軒並み通常価格の【半額】。(確認した限りでは「全品」が半額…)
エアガン本体も通常価格から更にイベント特価で大放出するとのこと。







ライラクス
専用ケースとの相性がピッタリ、話題のクリスベクター電動ガン。

もちろん、ライラクスによるカスタムモデルも。

G&Gアーマメント
G2 SYSTEM搭載機種を国内初公開

プレデター・マルチカム

プレデター・タイフォン

2018年発売予定、MBR 308 WH

2018年発売予定、MBR 308 SR

10月発売予定、ARP 556

11月発売予定、MBR 556 WH

G2 System

10月発売予定、ARP9 1,500Rdsドラムマガジン

11月上旬発売予定、ARP9専用ハンドが―ポーチに収まるサイズ設計の30Rdsショートマガジン



AGGRESSOR Group
スナイパー用「マムシギリー」。価格はイベント特価、ASK。

放出品タクティカル無線アンテナ

シュアファイア社から発売された新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」。専用ライトとセットで利用可能。

現職自衛官らにも評価の高いCSARベスト。

お得な9,000円福袋。

伊丹駐屯地限定のガチャガチャが登場するのもイベントならでは。

TPラボ
ワッペン全品を対象に、ショットショージャパン会場限定で【30%OFF】。「ミリブロNews見たよ」を伝えると特典があるかも…。詳しくは店主までお問い合わせください。
※バッジはセール対象外

サムシングタクティカル
2017年10月発売予定
FABARM正式ライセンスのBO Manufacture STF/12。
18インチ(BLK/FDE)19,800円(税抜き)
11インチコンパクト(BLK/FDE)19,300円(税抜き)
11インチショート(BLK/FDE)18,800円(税抜き)

・FABARM社正式ライセンス取得済
・2色&バリエーション展開
・3発同時発射
・ABSレシーバー
・アルマイト処理アウターバレル
・ピカティニーレール付き
・LPAタイプファイバーサイト仕様
・装弾数30発シェル型マガジン付き

ノーベルアームズ
ESSから新発売、日本人の顔型に適合する「クロスブレイド」をイベント限定特価で販売。

本稿でご紹介したのは、全体のごく一部に過ぎない。また、写真内に写り込んでいる価格はいずれもイベント特価となっていることをご了承頂きたい。

その他、掲載し切れなかった写真を、下記ミリブロ公式FaceBookギャラリーにて一挙公開中。



開催日:2017年9月2日(土)・3日(日)
※両日とも10:00~17:00が開場時間

開催場所:大阪市中央区西心斎橋2-9-28 サンボール地下1階会場
※会場には駐車場がありません。当日はバス・電車をご利用下さい。

入場料:前売り券500円、当日券600円

主催:DSI Club
後援:コンバットマガジン、アームズマガジン

なお、次回恒例の冬開催は「12月2日(土)、3日(日)」に決定している。

ショットショージャパン公式サイト
http://www.dsiclub.com/page/event/ssj.html


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop