米連邦保安官 vs 麻薬カルテル。スティーヴン・セガール主演アクション映画『Cartels』

映画・テレビ Comments(0)
スティーヴン・セガール演じる連邦保安官(U.S. Marshal )が麻薬カルテルと闘うアクション映画『Cartels』の海外版トレーラーが公開された。本作は、7 月 7 日にアメリカで劇場公開とオンデマンド配信を開始する予定である。尚、一部の国では既に DVD が発売済みであるが、日本での展開は現在未定である。
物語は ―― 連邦保安官ジェンセンのチームは、証人保護プログラムの対象となった東ヨーロッパの麻薬王:サラザールを高級ホテルに匿い警護することになったが、麻薬カルテルのアンダーボス:シンクレアがサラザールを抹殺しようとホテルに攻撃を仕掛ける。事態が悪化したことで、連邦保安官ハリソンが動き始める・・・。

監督は、「沈黙の逆襲」(原題:THE KEEPER)以降、セガールと 10 作品以上タッグを組み、今やセガール作品には欠かせない存在となったハワイ出身のキオニ・ワックスマン。セガール初のテレビドラマシリーズ「TRUE JUSTICE」では、監督/脚本/製作総指揮の何れかを幾度も担当している。脚本は、リチャード・ビーティとワックスマン監督の共作である。ビーティは「沈黙の制裁」(原題:Absoluition)と「沈黙の監獄」(原題:Maximum Conviction)でも同監督と組んでおり、もはや‟沈黙トリオ”と呼べそうな顔馴染みの布陣で本作は製作されている。

出演は、ハリソン役にスティーヴン・セガール(Steven Seagal)、ジェンセン役に「沈黙の傭兵」(原題:Mercenary for Justice)にも出演しているルーク・ゴス(Luke Goss)、シンクレア役に元 UFC 世界ウェルター級王者のジョルジュ・サンピエール(Georges St-Pierre)、サラザール役にフローレン・ピレシック・Jr(Florin Piersic Jr.)など。

Text: 弓削島一樹 - FM201706

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
シルヴェスター・スタローン出演、刑事映画『Backtrace』
メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 シルヴェスター・スタローン出演、刑事映画『Backtrace』 (2018-11-16 10:20)
 メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』 (2018-11-05 19:02)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop