SUREFIRE M600IB モデル登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
SUREFIRE M600IB モデル登場
タクティカルライト等の製造で有名なSUREFIRE (シュアファイア) から登録商標の “IntelliBeam TM Technology” を利用した調光型ウェポンライト「M600IB」が販売される。
M600IB は、高出力が必要な広い場所や目くらまし的に使用する場合、NVG 等使用での低出力でも十分に必要な光源を得られる場合など、幅広く対応できるよう 100 ~ 600 ルーメンの間で調光 (光出力を調整) でき、あらゆる環境 (コンバットシチュエーション) に対応できる優れものである。

他に、暗閉所で高出力のウェポンライトを使用すると、ガラス、鏡、壁、煙、埃、水分等で反射した光が目へと跳ね返り視界が制限されるため、低出力のライトやキセノンライトの使用が適している場合がある。こうした場合にでも対応できそうだ。

近年のライトテクノロジー (LED と制御チップ) の進歩により、低出力でも高い精度と視認性や信頼性を得られるようになってきているので、今後もこのようなモデルが多く展開するのではないだろうか。

Text: RETRASH - FM201608

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催
MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催
シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
 SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』 (2019-12-18 13:49)
 現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催 (2019-12-13 19:58)
 MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催 (2019-12-12 14:07)
 シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る (2019-12-11 13:12)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop