PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 レポート Comments(0)
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
2019年の6月15日(土)と16日(日)、東京の秋葉原UDXにて「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催された。主催は高精度な削り出しレシーバーで知られるNBORDE。
エアソフトガンの最高峰ともいわれるSYSTEMAのトレーニングウエポン(PTW)は外観のみならず操作性まで含めた圧倒的なリアルさで知られておりリアルパーツによるカスタムが施されることも多い。
そのためか場内の雰囲気も凡百のイベントとは異なる独特のもの。ラスベガスで開催されるSHOTSHOWのような雰囲気が漂っていた。

NBORDEイベント特設ページ:
http://nborde.com/event/
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
15日は朝から記録的な大雨に見舞われながらオープンと同時に多くの来場者が訪れた。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
多くの入場者が最初にチェックしていたのがこの会場で初披露となる「PTW89」。
重量は実銃より200gほど重くなっているという。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
独特なハンドガードはスワンスリーブのようにスコープマウントから連なるアッパーレイルを左右から挟んで装着する分割タイプ。M-LOKスロット付き。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
ワンタッチでテイクダウンできるロワーレシーバーは見慣れたPTWならではのもの。
バッテリースペースはストック内部となっている。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
レシーバーは実銃通りのスチールプレス仕上げ。マガジンハウジングの「薄さ」はスチールでなければ再現できないと思われる。ボルトストップ(ボルトキャッチ)はライブ。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
シリンダーはノズルがオフセットされた専用品を採用。
展示モデルはマーキングこそ入っていなかったが各部の質感や圧倒的な剛性感は目を見張るレベルだった。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
NBORDEは新製品となる民間用レシーバーを展示。
フォージマークも切削加工にて再現されている。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
さらに次期新製品として予定されているA1タイプのロワーレシーバー。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
MOVEが展示していたのは3Dプリンタによる樹脂製のレシーバーセット。十分な精度と強度を備え、圧倒的な軽さが特徴だという。
ちなみに参考出品。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
もちろん同ショップによるこだわりのカスタムガンも展示・販売。来場者の目を引いていた。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
Big-Outからの参考出品はPTW用ブラシレスモーター。トリガーレスポンスが向上しプリコックやバースト・ショットの制御も可能になるという。
発売時期や価格などは未定。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
Optics DealerのOPコートのサンプル。ステンレスに施工できる特殊な表面加工で塗装でもメッキでもない独特な仕上がりとなっている。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
DEFCON1オリジナルのMOE-SLタイプのピストルグリップ。実物採寸によるリアルさと圧倒的な「細さ」が特徴だ。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
モデルショップPAPAは各種ツール類を多数展示販売。リアルパーツの装着や加工に必須の資機材でありこのイベントならではのラインナップといえる。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
ノーベルアームズは実銃用オプティクスを多数展示。特に数年ぶりに入荷したEoTech製品の注目度が高かった。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
数多くのタクティカルブランドを取り扱う七洋交産。注目はops-coreの最新ヘッドセットである「AMP」。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
タクティカルショップのWARRIORS。PIGのグローブやVTACのスリング、RAAのTシャツがオススメとのこと。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
大手タクティカルブランドの5.11タクティカル。他社にはない個性的な製品が多くマニアでなくとも要チェックなブランドだ。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
KarrimorSFやTASMANIAN TIGERなど欧州ブランドを取り扱うトランパーズ。 特にバッグ類はアメリカンブランドとは毛色が異なるおもしろいデザインに仕上がっている。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
軽量でなおかつ高剛性なアイウェアとして知られるGATORZ。新作はマルチカムブラックモデル。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
ガンショップSYSTEMオリジナルのシートカバー。防水性のあるネオプレーン風素材でアウトドアなどでの汚れ防止にピッタリな一品。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
エアガンを使うシューティングアトラクション「GunArena」は無料でプレイが可能だった。

PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
会場入口を飾るのは有名パーツメーカーを中心としたディスプレイ。
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
日本国内では見る機会も少ないであろう実物パーツが多数展示されていた。

他にもタクティカルシューティングコーナーやステージイベント、カスタムガンコンテストなど展示販売のみならず多数のイベントが盛りだくさん。前売り3000円、当日3500円という入場価格(割引チケットとして利用可能)や当日の悪天候を考慮すると、この日の約500名という入場者数はちょっとしたものではなかろうか。さらにPTWのオンリーイベントながらこの盛況さを鑑みるとこの業界においてPTWが確固たるポジションを築いていると意識させられた。
新製品のPTW89も含め今後の展開に期待したい。

NBORDEイベント特設ページ:
http://nborde.com/event/

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ウォールマート限定の子ども用ライドオン「電動戦車」が発売
世界最小設計の遠隔操作式BB地雷「アバターグレネード・リモートコア」
Knight's Armamentのライセンスを獲得した「SR25ECC」がVFCよりガスブローバックで登場
グロック用コンバージョンキット「Hornet M25」がAvatar Universeより間もなく登場、プレオーダー開始
ARESエアソフトの電動ブローバック・スナイパーライフル「SL」新シリーズ
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
 ウォールマート限定の子ども用ライドオン「電動戦車」が発売 (2019-07-17 17:25)
 世界最小設計の遠隔操作式BB地雷「アバターグレネード・リモートコア」 (2019-07-11 18:36)
 Knight's Armamentのライセンスを獲得した「SR25ECC」がVFCよりガスブローバックで登場 (2019-07-10 12:34)
 グロック用コンバージョンキット「Hornet M25」がAvatar Universeより間もなく登場、プレオーダー開始 (2019-07-09 09:47)
 ARESエアソフトの電動ブローバック・スナイパーライフル「SL」新シリーズ (2019-07-05 11:13)
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop