イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
台湾のエアガンメーカーRaptorのfacebookページにて、ロシアのイズマッシュ製ハンドガン「MP443」のモデル化が発表された。

MP443は「ヤリギン」や「グラッチ」などと呼ばれる大型オートマチックで、ロシア軍や内務省などへの配備が進んでいる現用モデル。昨今では珍しいオールスチール製で、そのクラシカルな雰囲気もあって熱心なファンがいるという。
機構的にはアンビセフティにてコック&ロックが可能だがデコッキング機能はナシ。
装弾数はダブルカラム方式で18発となり、ロシア製の9x19PS(7N21)弾にも対応している。
ちなみに欧米への輸出モデルはポリマーフレームの「MP446 バイキング」。

イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
同社が発表したのはCGによる線画でオーソドックスなガスブローバックモデルということが分かる。画像で装着されているアンダーレイルはオプション扱いとなる模様。

イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
発売は2017年11月の予定で価格は未定。

なお、日本国内向けについては樹脂フレーム仕様となり、11月末頃の発売が見込まれている。

Text: 乾宗一郎 - FM201706

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop