イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
台湾のエアガンメーカーRaptorのfacebookページにて、ロシアのイズマッシュ製ハンドガン「MP443」のモデル化が発表された。

MP443は「ヤリギン」や「グラッチ」などと呼ばれる大型オートマチックで、ロシア軍や内務省などへの配備が進んでいる現用モデル。昨今では珍しいオールスチール製で、そのクラシカルな雰囲気もあって熱心なファンがいるという。
機構的にはアンビセフティにてコック&ロックが可能だがデコッキング機能はナシ。
装弾数はダブルカラム方式で18発となり、ロシア製の9x19PS(7N21)弾にも対応している。
ちなみに欧米への輸出モデルはポリマーフレームの「MP446 バイキング」。

イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
同社が発表したのはCGによる線画でオーソドックスなガスブローバックモデルということが分かる。画像で装着されているアンダーレイルはオプション扱いとなる模様。

イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
Photo from Raptor Airsoft
発売は2017年11月の予定で価格は未定。

なお、日本国内向けについては樹脂フレーム仕様となり、11月末頃の発売が見込まれている。

Text: 乾宗一郎 - FM201706

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop