【海外エアガン】RA-TECHからスプリングフィールドの「TRP」がガスブロモデルで限定生産

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo: 1911 TRP™ .45ACP by RA-TECH
高価で高精度な削り出しカスタムパーツで知られるRA-TECHから、1911のハイグレードコンプリートガンが登場します。

現代風にカスタマイズされたタクティカル1911で、スプリングフィールド・アーモリー(Springfield Armory)のTRPをモデルアップしたものになっています。

Photo: 1911 TRP™ .45ACP by RA-TECH
実物のG10グリップが装着されており、トリガーは4.5〜5lbの調整式。
スプリングフィールドの1911シリーズ、は落ち着いたスライドの刻印や安定したクオリティ・動作などで人気があり、TRPのようなカスタムコンプリートも多数ラインナップされています。
ファイアリングピン(ダミー)や3ドットのトリチウムサイトなども納得の再現度。

Photo: 1911 TRP™ .45ACP by RA-TECH
バックストラップのセフティキーも再現しているそうです。
そして豪華なウッドケースも付属。

Photo: 1911 TRP™ .45ACP by RA-TECH
一見するとエアガンではなく、どう見ても実銃にしか見えません。


Photo: 1911 TRP™ .45ACP by RA-TECH
シリアルナンバー入りの限定生産品で、スライドとフレームは鍛造スチール製。
ガス(レッドガス)あるいはCO2によるガスブローバックとのこと。

このようにものすごい再現度ですが、その分お高くお値段は1600USドル! 実銃のTRPとほぼ同じ価格・・・。
この手の高級なスチールモデルは「ハンドガンの所持ができない国のマニアが実銃のレプリカとして買う」という需要が少なからずあるそうです。

日本国内では絶対NGなモデルですが、買える立場の人は羨ましいですね。

Text: 乾宗一郎 - FM201611

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop