目視要らずで銃器を素早く固定。田村装備開発から磁力誘導を利用したウエポンキャッチが新発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 国内軍事関連 Comments(0)
田村装備開発 (TTGD: Tamura Tactical Gear Development inc) を販売代理店とした新型のウエポンキャッチが発売された。

新製品の「インダクションキャッチ (INDUCTION CATCH) 」は、田村装備開発と現役隊員のアドバイスを基に、4 年間に渡って改良を重ねた製品で、材質に磁石を利用したことにより、暗がりなど目視が効き難い状況でも銃器を素早く固定できるという大きな利点を持つ。

Tamura Tactical Gear Development (TTGD) Induction Catch


Tamura Tactical Gear Development (TTGD) Induction Catch

銃本体にピカティニー規格レールがあれば使用できるシステムとなっており、過重負荷 100 キログラムでも破損が無く、アタッチメントの抜き差しにおいては 50,000 回におよぶ耐久試験をパスしているとのこと。製造は下西製作所が手掛けている。

固定・解除スイッチは、左右についているため、状況に応じた使い分けが可能な他、ホールド時の銃口の向きも好みに応じて調整可能。

官庁向けの販売製品になることが予想されるものの、少数については田村装備開発の直販サイトで先行販売が決まっている。

価格は 32,400 円 (税込み・送料込み)。

Tamura Tactical Gear Development (TTGD) Induction Catch
http://tamurasoubi.co.jp/products/detail678.html

田村装備開発は、警察本部 警備部 機動戦術部隊の元警察官である同社代表の田村氏、陸上自衛隊 特殊作戦群 (SOG) の元隊員である長田氏など、錚々たる顔ぶれを揃えた日本屈指の特殊部隊装備関連企業。タムラ・トレーニング・センター (TTC: Tamura Training Center) の運営もおこなっており、各種特殊作戦技能の講習を提供している。
田村装備開発公式サイト:http://tamurasoubi.co.jp/
田村装備開発公式ブログ:http://tamura.militaryblog.jp/

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
 電動ガンのメカボックスを搭載するA-10攻撃機のハンドメイドラジコン (2018-10-25 13:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop