『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 ビデオゲーム Comments(0)
フランスのAvatar Grenadeから新たなエアソフト用グレネードが数種類リリースされる。
中でも注目はトム・クランシー原作の人気ゲーム『Tom Clancy's The Division』に登場するハイテクグレネードにインスパイアされたという「AGENT SKINZ WITH ORANGE LED SWITCH KIT」。

Photo from Avatar Grenade
同社のグレネードはアルミ製のインパクトコアを中心にゴム製の外殻と組み合わされた構造が特徴となっており、このモデルは外殻内部に114発のBB弾を装填することができる。
インパクト式なので衝撃によって全方位にBB弾を撒き散らすが、このグレネードはさらにオレンジのLEDが点滅する仕様。ゲーム内のように自走はしないが「ダイヤル操作でLEDを点滅させてから転がして激発」という手順を堪能できる。パワーソースの表記はないが動画を見る限りはガスを使用しているようだ。
価格は55ユーロ(約7100円)にて現在プレオーダー中。

Text: 乾宗一郎 - FM201809

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない
台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場
ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定
ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売
シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表
【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売
 2019年 Facebookはエアソフトガンコミュニティを破壊し尽くすかもしれない (2019-01-16 17:19)
 台湾のRAPTORからロシア軍の『SV-98』狙撃銃がエアコッキングで登場 (2019-01-16 13:29)
 ARESがSHARPS BROS社の独占ライセンスを取得、電動ガンをリリース予定 (2019-01-11 13:59)
 ICSがトルコ製ポリマーピストル「SAR9」のガスブロモデルを発売 (2019-01-11 13:49)
 シグ社がMPXシリーズ最小コンパクト設計の『カッパーヘッド(Copperhead)』を発表 (2019-01-08 16:09)
 【PR】CO2のM45A1、BATON airsoft から2月発売 (2019-01-07 09:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop