トム・クルーズ主演スパイアクション映画シリーズ第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』公式トレーラー

映画・テレビ Comments(0)
トム・クルーズ(Tom Cruise)主演のスパイアクション映画シリーズ第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:Mission: Impossible – Fallout)の海外版オフィシャルトレーラーが、YoutubeのParamount Pictures公式チャネルで公開された。
物語は ―― 複数のプルトニウムが何者かに強奪され、3つの都市が核兵器の標的になった。イーサン・ハント(トム・クルーズ)とIMFチームは、核爆発を阻止するため制限時間‟72時間”の過酷なミッションに挑む事となる。しかし、イーサンに疑念を抱くCIAが敏腕エージェント:ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)を送り込んだことで、事態は一層混沌としていく・・・。

パリ市街で繰り広げられるバイクアクション、高さ600メートルでのロッククライミング、高高度からのスカイダイブ、撮影中に骨折したビル間ジャンプ、ヘリコプターアクションなど、本作もトムの体を張ったシーン満載のエンタメ作品に仕上がっている。

関連動画:『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘリスタント特別映像

監督・脚本は、前作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」と同じくクリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)。プロデューサーは、トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バークなど。

トム・クルーズの他に、サイモン・ペグ(ベンジー・ダン役)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト役)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル役)、 ショーン・ハリス(仇敵ソロモン・レーン役)、アレック・ボールドウィン(CIA長官アラン・ハンリー役)が前作に引き続き出演。

他には、「マン・オブ・スティール」でスーパーマンを演じたヘンリー・カヴィル、ドラマ「クラウン」でマーガレット王女を演じたヴァネッサ・カービー、「TINA ティナ」でティナ・ターナーを演じたアンジェラ・バセットなど。また、4作目「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」でミシェル・モナハンが演じたイーサンの妻:ジュリアが再登場する。尚、ジェレミー・レナーが演じるウィリアム・ブラントは登場しない。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日(金)全国ロードショー予定。

日本版公式サイト:http://missionimpossible.jp/

Text: 弓削島一樹 - FM201805

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開
米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』
吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催
ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 メル・ギブソンの息子ミロが元シールズの賞金稼ぎを演じるアクションスリラー映画『All The Devil's Men』 (2018-11-05 19:02)
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 『モガディシュの戦闘』から25年、BRCCが元デルタ隊員カイル・ラム氏の回想映像を公開 (2018-10-12 12:07)
 米軍最高位軍事勲章「名誉勲章」を題材としたNetflix TVシリーズ『Medal of Honor』 (2018-10-09 11:57)
 吹替版映画「コマンドー」製作の30周年を記念した、世界初の吹替版上映イベントが開催 (2018-10-04 20:34)
 ドキュメンタリー映画『Black Hawk Down: The Untold Story』のトレーラーが公開 (2018-09-28 18:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop