片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(2)
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ピストルを構えて交戦時に絶え間なくターゲットに撃ち込めるよう準備する。
弾倉交換は、敵と対峙する差し迫った状況の中で、極力円滑におこないたいところ。スキルの上達でカバーするだけでなく、これまでにも様々なアイデアが投入され、多くの製品が市場に送り込まれてきた。

関連記事:
最大 7 本の予備弾倉を素早く交換、背面式弾倉ディスペンサー「AMMOBACK STRIKE」
バージニア州リンチバーグを拠点とするトーレント・ローディング・システム社(Torrent Loading Systems, LLC)により開発された「RLS-1」は、省スペース設計の中に3本の予備弾倉を持ち、射手が片手でも弾倉交換がおこなえるよう、その所作の一部をサポートする機能が盛り込まれた特異な製品となっている。

射手は突起の一部を引っ掛ける要領で起動することによって、フルロードの新たな弾倉を準備する。次に弾倉を抜き出した状態のピストルを振り下ろす要領で挿入し、弾倉交換を終えるという流れとなっている。

企業情報データサイトのクランチベースによると、同社は過去に38,700ドル(=約420万円)の総資金調達をおこなっているが、コーポレートサイトを見る限りは販売チャンネルへのリンクが見当たらない。

Source: Torrent Loading Systems, LLC

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
この記事へのコメント
ドラムマガジンだと重いが此なら訓練次第で使えるかも。
Posted by 匿名 | at 2020年02月02日 19:18
素晴らしい!
しかし腰にセットすると、ではピストルホルスターはどこにセットするんだとなってしまう。
へそか胸辺りに使いやすい角度に付ければかなり使えるかも。
Posted by 匿名 | at 2020年01月30日 22:02
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop