UF PROから「冬季用」コンバットシャツ『AcE Winter Combat』がリリース

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
スロヴェニアのタクティカルウェアメーカー「UF PRO」が、冬季用コンバットシャツ『AcE Winter Combat』をリリースした。
寒さを凌ぐために重ね着をした場合、身体を動かすと発汗し、やがて衣類に染み込んだ汗が冷えて体温を奪っていく。本製品はそういった悪循環を排除し、低温環境下での作業に集中できるように、防風性、防水性、通気性に優れた複雑なハイブリッド構造によって理想的な快適性を実現している。

A screenshot from UF PRO official YouTube channel
主な特徴としては ――
●冷え易い腕部には、高性能なサーマルライニング「G-Loft」を内蔵
●肩と背中には、プレートキャリアやバックパックを携行した際の保護性と快適性を高める厚さ8mmのエア/パックインサートを内蔵
●透湿性に優れた37.5™繊維技術を採用
●側面通気口ジッパー(ベンチレーション構造)
●手首には、時計が確認できる開口部
●優れた防風・撥水性能
―― が挙げられる。

重さは、Lサイズで900g。カラーは、フロストグレー、ブラック、ブラウングレー、マルチカム。価格は、210ユーロ(=約2.8万円)。

Text: 弓削島一樹 - FM201712

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施
【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催
第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
 【PR】Dress&Gunが和歌山市松江に「インドアフィールド」併設新店舗をオープン。10/13・14に物販イベント実施 (2018-10-05 19:34)
 【PR】大自然に囲まれたゲレンデが2日間に渡って戦場に!ハチ高原観光協会主催サバゲーが10/20・21に開催 (2018-10-04 10:43)
 第58回全日本模型ホビーショー 東京マルイ+その他ブースの詳細レポート (2018-10-01 16:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop