ベトナムで戦死から34年後に名誉勲章。米空軍パラレスキュー隊員を描いた『The Last Full Measure』

映画・テレビ Comments(0)
ベトナムで戦死から34年後に名誉勲章。米空軍パラレスキュー隊員を描いた『The Last Full Measure』
ベトナム戦争での戦死から34年後に名誉勲章を受勲した米空軍第38救助隊(38th Rescue Squadron)所属のパラレスキュー隊員ウィリアム・H・ピッツェンバーガー氏(William H. Pitsenbarger)を描いた映画『The Last Full Measure』の海外版トレーラーが、映画配給会社ロードサイド・アトラクションズ(Roadside Attractions)のYoutubeチャンネルで公開された。
ベトナムで戦死から34年後に名誉勲章。米空軍パラレスキュー隊員を描いた『The Last Full Measure』
ハスキーヘリコプターの前でM16を手にしたピッツェンバーガー上等兵(1965年頃)
Photo from National Museum of the U.S. Air Force
ピッツェンバーガー氏は、高校時代に陸軍特殊部隊:グリーンベレーを目指していたが両親に反対され、高校卒業後に空軍へ入隊した。基礎訓練終了後、パラレスキュー隊員の資格を取得し、カリフォルニア州ハミルトン空軍基地の救難隊に所属となった。

1965年にベトナムのビエンホア空軍基地へ派遣され、カマンH-43「ハスキー」ヘリコプターに搭乗し救難活動を行った。1966年4月11日、サイゴン近郊で交戦中の第1歩兵師団の部隊から「6名以上の負傷者あり」との救助要請を受け、2機のヘリで現場へと向かった。ベトナムに派遣されてから300以上の救難活動を経験していたピッツェンバーガー氏は、戦闘中の現場へ上空からホイスト降下し、負傷者の引き上げを行った。被弾しながらも飛行を続けた2機のヘリは、負傷者を乗せて一旦基地へと帰還した。ヘリが戻るまで現場に残ることにしたピッツェンバーガー氏は、救護を行いながら戦闘にも参加していたが、敵スナイパーの弾丸によって帰らぬ人となった。

ピッツェンバーガー氏の勇気ある一連の行動によって9名の負傷者が救助された。戦死から34年後の2000年12月8日にオハイオ州の国立アメリカ空軍博物館で、ピッツェンバーガー氏に代わって父親が名誉勲章を受け取った。それまでには、空軍十字章、エアマンズメダル、パープルハート章、エア・メダルを受勲している。

ベトナムで戦死から34年後に名誉勲章。米空軍パラレスキュー隊員を描いた『The Last Full Measure』
本作は、戦死から数十年経過している名誉勲章候補の「ベトナム戦争の英雄ピッツェンバーガー」について調査する国防総省職員スコット・ハフマンを主人公にして物語が描かれるようだ。監督・脚本を務めるのは、トッド・ロビンソン(Todd Robinson)。エド・ハリス主演の軍事スリラー映画「ファントム/開戦前夜」を手掛けたほか、リドリー・スコット監督作品「白い嵐」の脚本を担当している。

出演は、映画「キャプテン・アメリカ」シリーズのバッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー役で知られるセバスチャン・スタン(Sebastian Stan)、サミュエル・L・ジャクソン(Samuel Leroy Jackson)、オスカー俳優のクリストファー・プラマー(Christopher Plummer)、「トップガン マーヴェリック」にも出演する名優エド・ハリス(Ed Harris)、オスカー俳優のウィリアム・ハート(William Hurt)、映画「戦火の馬」などに出演している英国若手俳優ジェレミー・アーヴァイン(Jeremy Irvine)、映画「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ(Peter Fonda)、シンガーソングライターとしても活躍中のアリソン・スドル(Alison Sudol)など豪華な顔ぶれ。

2020年1月17日に全米公開予定。日本での公開は現在未定である。

参考動画;U.S. Air Force: Portraits in Courage - William Pitsenbarger

Text: 弓削島一樹 - FM201912

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
「ブラックホーク・ダウン」最初に撃墜されたヘリ搭乗のデルタフォース・スナイパーが死去
「デルタフォース」によるIS幹部の夜間襲撃作戦を題材とする映画『Sabaya』の製作が開始に
イスラエル軍×米海兵隊特殊部隊によるパイロット救出の共同作戦を描く『ジャーヘッド ―36時間―』
南北軍事境界線(DMZ)地下30mで繰り広げられるミリタリー・サバイバル・アクション映画『PMC:ザ・バンカー』
「新型ロボットが生身の兵士を時代遅れにする」最強のロボットガンマンのパロディ映像が口コミで話題に
トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 「ブラックホーク・ダウン」最初に撃墜されたヘリ搭乗のデルタフォース・スナイパーが死去 (2019-11-25 13:08)
 「デルタフォース」によるIS幹部の夜間襲撃作戦を題材とする映画『Sabaya』の製作が開始に (2019-11-21 16:42)
 イスラエル軍×米海兵隊特殊部隊によるパイロット救出の共同作戦を描く『ジャーヘッド ―36時間―』 (2019-11-21 09:44)
 南北軍事境界線(DMZ)地下30mで繰り広げられるミリタリー・サバイバル・アクション映画『PMC:ザ・バンカー』 (2019-11-06 17:01)
 「新型ロボットが生身の兵士を時代遅れにする」最強のロボットガンマンのパロディ映像が口コミで話題に (2019-11-05 11:17)
 トム・クランシー「Jack Ryan」シーズン2が11/1にAmazon Prime Videoで配信開始 (2019-09-09 10:29)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop