UMAREXから史上最強の50口径エアライフル「Hammer .50 caliber Air Rifle」が登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Umarex USA
独UMAREXの米国現地法人であるUMAREX USAから驚きの新製品が発表された。
「Umarex Hammer .50 caliber Air Rifle」という名前の通り50口径のエアガン(〇エアライフル、×エアソフト)だ。
公開された写真は上記の1枚のみだがそのスタイルはバレル直下に高圧空気のボンベ(容量24立方インチ・カーボン製)を備えるエアライフルのスタンダードといえるもの。構造はストレートプルボルトでストロークはたったの2インチ、ちなみにボルトのプル(引きの重さ)は2ポンド。

メーカーいわく「史上最強のエアライフル」というだけあり1平方インチあたり4500ポンド(2041kg)という高圧エアーをパワーソースとして使用し、50口径550グレインのスラッグ弾(鉛製)を760FPSで撃ち出せるほか、3連の350グレイン鉛スラッグ弾を50ヤード先まで飛ばせるという。

ハンマーロックやマガジンセフティなど3重の安全装置を搭載。ポリマーを多用しておりレイルスロットやM-LOKスロットといったアクセサリ対応も万全。全長は43.75インチでバレル長は29.5インチ、重さは8.5ポンド。トリガープルは3ポンド。
近日発売予定で価格(MSRP)は799.99USドルとなっている。

商品情報のURL
https://www.umarexusa.com/blogs/airgun-news/the-new-50-caliber-umarex-hammer-is-an-air-rifle

Text: 乾宗一郎 - FM201801

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop