NEWS

ラリー・ヴィッカース氏のAR-15本第2弾「Vickers Guide: AR-15 - Volume 2」が7月に発売

専門誌 Comments(0)
ラリー・ヴィッカース氏のAR-15本第2弾「Vickers Guide: AR-15 - Volume 2」が7月に発売
元米陸軍特殊部隊・デルタフォースのアサルターでガンスミスでもあるラリー・ヴィッカース(Larry Vickers)氏が制作する銃器の大型本シリーズ「Vickers Guide」の3冊目にして前作「AR-15 vol. 1」の第2弾の発売が7月17日となった。現在、プレオーダーを受け付けている。

関連記事:
元・デルタ隊員ラリー・ヴィッカーズ氏によるガバメント解説本「Vickers Guide: 1911」
「Vickers Guide AR-15」にはナイツ・アーマメントとその創立者、リード・ナイト氏が設立した軍事技術博物館(Institute of Military Technology)の全面的なバックアップのもと、AR-15シリーズの美麗な写真、そして詳細な解説が収められている。

AR-15の誕生と90年代初頭までの歴史を扱った「Vol.1」に続き、「Vol.2」ではM4カービン以降の世界が描かれる。膨大なバリエーションはもちろん、アキュライズドバージョンのオプティクスなどのアクセサリー、そしてAR-10系列などもカバーしている。

価格はそれぞれ通常版が95ドル(約1万円)、サイン入り版が125ドル(約1万4千円)、豪華付録付き限定版が250ドル(約2万8千円)。AR-15ファンならVol.1と併せて手に入れたいアイテムになるだろう。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』
現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」
並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 L・ネヴィル著/床井雅美監訳/茂木作太郎訳『SAS英陸軍特殊部隊─世界最強のエリート部隊』 (2019-12-17 12:45)
 現役「グリーンベレー」隊員を父に持つ9歳の少年の綴った児童書が、Amazonカテゴリーランキングで1位を獲得 (2019-12-13 15:54)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.25、「米海兵特殊作戦コマンド(MARASOC)」 (2019-12-05 17:37)
 並木書房が「日本軍はこんな兵器で戦った—国産小火器の開発と用兵思想」を刊行 (2019-11-06 17:37)
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 元陸上自衛隊1佐が描く『漫画クラウゼヴィッツと戦争論』 (2019-06-28 12:59)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop