謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
謎多き射撃教官「インストラクター・ゼロ」自らの来歴を語る動画を公開
Photo from Team Zero YouTube Channel


筋肉を効かせた無骨でパワフルな射撃術で知られる「インストラクター・ゼロ」。今や自身のYouTubeチャンネルは登録者数30万人という人気者であるが、自身の出自についてはほとんど語ることがなかった。そんな彼が、自身の来歴を語る動画を公開している。

インストラクター・ゼロは各国軍・警察に訓練を提供する一方、YouTubeにて様々な射撃術を紹介している。イタリアの国旗パッチを着用していたり、英語の訛りなどからイタリア出身ではないかと言われてきた。

EXTREMELY FAST SHOOTING: Tac Pills vol 3 | Instructor Zero - YouTube


今回公開された動画によれば、彼は1975年イタリアの生まれ。アフリカ・ローデシアで育ち、その後ガーナに移り住んだ彼は1979年、1981年の紛争とジンバブエの成立を目撃し、その体験を通じて自分もまた世界に何かを残したいと願うようになった。
イタリア軍に入隊し空挺旅団に配属になるもヒザを負傷して除隊。その後23年間、民間軍事企業の社員としてアジア、南米、東欧など世界のあらゆる地域で活動する。その後はインストラクターとして、各国軍・警察に対し、自身の知識と経験を伝える活動を続けている。

「秘密保持契約や保安上の理由から多くを明かせない」と言う通り、ほどんどの写真には黒塗りが施され、訓練生の顔や素性は明瞭ではない。彼は動画を通じて、夢を実現しよう、あきらめずに戦おうというメッセージを伝えている。



Text: Chaka (@dna_chaka) - FM202002
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop