自作・工作物イベントで巨大な戦闘ロボット「MegaBot」が展示

ミリタリー模型・フィギュア
世界最大の「Make」をテーマとした自作・工作物イベント「Maker Faire Bay Area 2015」が、5 月 15 日 (金) から 17 日 (日) の期間、米カリフォルニア州のサンマテオ・イベント・センターで開催された。展示会場の中でも注目を集めたのが、全長 15 フィート (=約 4.6 メートル) の巨大な戦闘ロボット。

Photo credit to S.N. Jacobson.

Posted by MegaBots on 2015年5月18日
これは、昨年末にクラウドファンディング上での資金調達を求めたキャンペーンが話題となったペイントボール対戦用のロボット MegaBot 。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    • Weight: 12,000 pounds
    • Height: 11.5 feet squatting, 15 feet standing
    • Cost: $175,000 to date. The final version will run around $1 million
    • Cost: $175,000 to date. The final version will run around $1 million
    • Special Feature: Arm cannons fire at speeds of around 120 miles per hour
    • Top Speed: Three miles per hour — for now
    Tech Times が MegaBot の共同創立者である Gui Cavalcanti 氏へおこなったインタビューによれば、MegaBot は昨年 5 月にボストンで始動したとのこと。その後、2 体の試作ロボット製造に掛ける 2 億円超 (180 万米ドル) の資金調達を求めたクラウドファンディングでのキャンペーンが始動したが、あいにく不成立となっている。

    関連記事:
    史上初、巨大ヒト型ロボットを使ったペイントボール対戦トーナメントの実施に向けた資金調達キャンペーンが始動

    The Mark II's not quite ready for primetime YET, but go to Maker Faire next weekend and see our completed mech destroy a car with paint cannonballs in the Autodesk area!

    Posted by MegaBots on 2015年5月8日
    開発チームでは「ロボットの製造が目的では無い」としており、あくまでも「MegaBot を使ったペイントボール対戦のスポーツリーグの構築とそのビジネス化」を目指している。

    MegaBot の両腕には、重さ 1.3 キログラムにもなるペイント弾「MegaBall」を圧縮空気を使って発射することが可能。発射された弾は、時速 193 キロメートルにも及び、生身の人間が被弾すればひとたまりもない威力を持っている。その為、MegaBot 本体は搭乗するオペレーターをこの強烈な攻撃から防ぎ、その身の安全を守る為に、金属製の頑丈な装甲で覆うことが示されている。

    Tech Times 2015/05/19

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出
    実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出 (2017-06-21 13:14)
     実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop