サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(2)
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
空飛ぶ「アイアンマンスーツ」こと、英ハイテク企業「グラヴィティ・インダストリーズ(Gravity Industries)」社の『フライング・ジェットパック(flying jetpack)』に、エアソフトガンによる武装オプションが開発された。

関連記事:
特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
手掛けたのは、ジェームス・ブルートン(James Bruton)氏。玩具デザイナーの経験を持つロボット・電気・機械関係のエンジニアであり、ユーチューバーとして活躍している。

ブルートン氏は今回、肩に取り付けたエアソフトガンをパイロットの着用するヘルメットに連動するようアップグレードを施している。
当初グラヴィティ社が持ち込んだ仕様においては、完全自動化されたライフルの取り付けを希望していたものの、設計上に問題が発覚。再設計されたジンバルはライフルの上下運動を円滑にするために、強力なリニアアクチュエータで改良。パイロットが頭部を左右に動かした際、ヘルメットに干渉することから上下駆動のみの仕様となっている。

エアソフトガンで武装したジェットスーツは、グラヴィティ社の創業者であり、テストパイロットも務めているリチャード・ブロウニング(Richard Browning)氏自らが、駐車場のような小さなスペースを使って試験飛行をおこなっている。

ブロウニング氏は2017年に、体で操作ができる着用型ジェットスーツの飛行速度において「時速32.02マイル(=時速51.53キロメートル)」の世界最速記録を打ち立て、ギネスワールドレコードに認定。特殊部隊や捜索救難チームもその出来栄えに関心を寄せている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
アインマンってなんだ?アイ~ンか???

ざっと一回校正すれば簡単なミスなんか見つかるのに
最近こんな記事が本当に多い。
Posted by アイ~ン | at 2019年10月11日 22:17
ザメルにしか見えん
Posted by 名無 | at 2019年10月09日 15:44
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop