メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会

ビデオゲーム Comments(0)
KONAMIは去る4月7日、東京都内の赤坂BLITZにおいてPSP用ソフト「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」の完成披露発表会を開催。

当日は13時開場との事であったが、若干早く会場へ到着してしまったが、何のことは無い、さすにがに世界的な人気作品の新作発表会とあって、既に会場では多くの報道陣が受付を済ませている姿があった。
メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
プレスパスの申請も無事に済ませ、場内奥へと進むと真っ先に目に入ったのが、こちらの豪華なケーキ。よくよく贈り主をみてみると、「バイオハザード」や「ロストプラネット」などのタイトル紹介でミリブロでもお馴染みとなっているカプコン社からの贈呈となっている。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
定刻から程なくして開会。エアガン業界と比べても比較にならないほど大きな規模のゲーム業界だが、ここ最近では今回のメタルギア・ソリッド・ピースウォーカーのような大規模な完成披露発表会を催す事は珍しくなっているそうだ。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
まずは発売元の株式会社コナミデジタルエンタテインメント代表取締役社長の田中 富美明氏より挨拶。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
そしてメタルギア・ソリッドといえばこの方、ご存知「小島秀夫監督」。
今回シリーズ初となるPSPでの展開において、小島監督は次のように述べている。
「まず第1に、PSPならではの若者層に対してアプローチを行いたい点と、第2にゲームの将来へ向けた実験的な試みである点が挙げられる。携帯機という新しい環境の中で、未来を見据えた「メタルギア」ならではの提案を皆さんに是非感じて頂きたい。」

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
続いて登壇となったのは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン プレジデント 河野 弘氏。
「PSP用ソフトとしては初となる小島監督プロデュースとあって、社内が盛り上がっている」との事を述べた。また、上記写真にあるように、同氏が手に持つは本作の為にデザインされたオリジナルのスカル迷彩PSP。スネークが組織するMSF(国境無き軍隊)の”スカル”をモチーフとしたシンボルマークをアレンジした迷彩仕様となっており、1台1台のデザインが全て異なり、同じものが1つと存在しない。これはファンにとっても所有意欲を刺激される。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
3氏揃ってのプレス用撮影の模様。既にゲームポータルを中心に多くのメディアでも露出しているので、ご覧になった方も多いだろう。
無数とも思える報道陣からのフラッシュがたかれていた。今回多くの報道陣が駆け付けたのも、ひとえにこの作品の影響力の大きさだと感じる。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
さて、今回のプレス発表においては、とにもかくにも新しいサービスの投入に積極的であると感じた。
こちらの写真にもあるとおり、当日は事前に募集があったツイートリポーターによる実況中継が行われた。一昔前まではブログ、ブログと騒がれていたものが、今はその縮小版とも言えるTwitterの名前を耳にする機会が増えた。
まだまだお披露目レベルではないが、ミリブロと連携のTwitterポータルなんてものも予定があるので、お楽しみに。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
本題に戻ると、今回の作品において幾つか設けられたキーワードには「ピースマーク」、「抑止論」、「潜友」、「仲間」、「強敵」といったものがある。この中の「ピースマーク」については、会場に設置されたスクリーン中に何度も登場する特徴的な「B-36爆撃機」をモチーフとしたシンボルとなっている。
B-36爆撃機の愛称が「ピースメーカー(Peacemaker)」と呼ばれていた事や、冷戦初期における米軍の主力爆撃機であった事などが解説された。70年代当時における世界情勢、ミリタリーバランスといった時代背景を踏まえた展開となっている点にも是非注目して頂きたいところだ。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
長い歴史を持つメタルギアシリーズだが、今回よりタイトルのジャンルを従来の「TACTICAL ESPIONAGE ACTION」から、「TACTICAL ESPIONAGE OPERATIONS」とジャンルを変更した事が発表された。
これは、単なるアクションゲームからの脱却を意味し、従来からのジャンルという枠組みにとらわれない壮大な内容となる事を意味して名付けられている。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
その「OPERATION」たる所以がこちらの「マザーベース」と呼ばれる新要素。舞台はコスタリカ。「フルトン回収」によって集められた敵兵は、スネーク達の本拠地でもあるカリブ海沖の洋上プラントへと送り込まれる。送り込まれた兵士や、志願兵によってマザーベースを育てていくシミュレーション的要素を持ったゲーム構成となる。

今回この「マザーベース」をプレゼンテーションするにあたって、先進の技術「AR(Augmented Reality:拡張現実)が使われた。ARはC言語ライブラリのARToolKit (Augmented Reality Toolkit)が確立されたのを皮切りに、Flash開発技術者の間でも比較的容易に開発が行える環境が整い、昨年あたりから本格的な普及が進む注目の技術である。
ステージ上では、アシスタントの女性(A)が「マーカー」と呼ばれる紙を持ち、WEBカメラ(B)を通して映し出されたライブ映像の上に、3D映像(C)によって表現されたマザーベースが浮かび上がるといった仕組みになっている。
余談ではあるが、ミリブロ(を運営するジェイ・ライン株式会社)では今後このARの技術を駆使したサービスの強化を図る予定となっているので、ご期待下さい。
ミリブロの追加サービスとはならない可能性が高いが・・・。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
続いては、サウンドディレクターの村岡一樹氏が登場。ヤマハの協力によって開発されたボーカロイド音源を活用したAI兵器について解説が述べられた。
ボーカロイドと言えば初音ミクでお馴染みとなったが、本作中では兵器が、女性の声で歌い、喋り、叫びながら攻撃をしてくるというミスマッチに余計な恐怖感を覚えることは必至だ。

と、一通りMGS PWの醍醐味を簡単にご紹介をした上で、以下のムービーをご覧頂きたい。

MGS PW完成披露発表会で公開された映像

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
そして次にMGSならではのといった感がある、毎回話題となるコラボレーション。
こちらはカプコン社の大ヒットタイトルであるモンスターハンターのコラボ。場内の特大スクリーンに「ティガレックス」の姿が登場する事になる事は度肝を抜かれた。
MGS PWの舞台となるコスタリカといえば恐竜ともゆかりの深い地である事を考えれば、あながちナイ設定では無いと感じる。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
また、MGS4から引き続いてコラボレーションとなったのは、こちらユービーアイソフト社の「アサシン クリードⅡ」。アサシンクリードシリーズでお馴染みの「イーグルダイブ」が特定のステージで可能。


メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
続いてはスクウェア・エニックス・ホールディングス専務執行役員で、「FINAL FANTASY VersusXIII」プロデューサーの橋本真司氏が登壇。スネークフィギュアと、本作で登場するAI兵器フィギュアのサンプルが紹介された。
AI兵器のパーツは開発中のフロントミッション・エヴォルブとコラボとなるとの事。
なお、スネークフィギュアの発売が6月、AI兵器らのフィギュアの発売は今夏を予定しているとの事だ。

メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会メタルギア・ソリッド・ピースウォーカー 完成披露発表会
TwitterやARといった目新しいサービスを織り込んでのプレゼンとなった今回の完成披露発表会。時代の最先端を走るゲーム業界だが、新たなチャレンジへと向き合うその姿勢に頭の下がる思いとなった。

最後の挨拶の中で小島監督は、先の冬季五輪で大活躍だったフィギュアスケートを例に、従来のMGSは無理をしてでも4回転ジャンプを行う挑戦をしてきたが、今回は垂直方向へのチャレンジではなく、水平方向への奥行きに挑戦した事を述べ、今回はスペックで退行するPSPでの展開だが、PSPゆえのゲーム性の広がりをゲーム機のスペック以外でのチャレンジとして4回転ジャンプ、5回転ジャンプへと挑みたいと印象強く語った。

多くのサプライズと共にその発売のアピールを強く印象付けた今回の完成披露発表会。
4月29日に是非お手元でその感動を味わって頂きたい。

そして最後に、MGS PWでアートディレクターを務める新川洋司氏より、ミリタリーブログをご覧の皆さんへ今回特別にメッセージを頂く機会があったので、是非ご覧頂きたい。


「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」新川洋司氏からのメッセージ

2010年4月29日新発売!「MGS PW」公式サイト:
http://www.konami.jp/mgs_pw/jp/


過去の「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」関連記事:
ピースウォーカー入手計画 カズヒラ・ミラー「カズラジ。」配信
「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」プレイ動画第3夜 「男女3人でボス戦をしてみた!」公開!
「メタルギア ソリッド ピースウォーカー」公式サイトでプレイ動画「第1夜」公開&小島監督 twitter取材2日目実施!!


同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
「コール・オブ・デューティ新作はアメリカ政府のプロパガンダ」ロシア・トゥデイが動画で批判
ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施
ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開
「Black Command」等身大タペストリーで写真を撮れば気分はPMCメンバーの一員!撮影時のエピソードを公開
『バイオハザード RE:2』登場の「Lightning Hawk」が東京マルイ製ガスブロ製品として完全限定で発売に
カプコン『BLACK COMMAND』×『バイオハザード RE:2』期間限定コラボで、レオンとクレアが参戦
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 「コール・オブ・デューティ新作はアメリカ政府のプロパガンダ」ロシア・トゥデイが動画で批判 (2019-06-10 19:36)
 ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施 (2019-05-09 15:41)
 ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開 (2019-04-05 18:59)
 「Black Command」等身大タペストリーで写真を撮れば気分はPMCメンバーの一員!撮影時のエピソードを公開 (2019-03-08 11:47)
 『バイオハザード RE:2』登場の「Lightning Hawk」が東京マルイ製ガスブロ製品として完全限定で発売に (2019-02-22 13:25)
 カプコン『BLACK COMMAND』×『バイオハザード RE:2』期間限定コラボで、レオンとクレアが参戦 (2019-02-09 02:09)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop