ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)
ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施
ニューヨーク市警(NYPD)が、『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練をおこなった。

関連記事:
プレステVRで空軍特殊部隊パラシュート降下を仮想体験「Air Force Special Ops: Nightfall」
地元メディア「ABC7NY」によると、今月初め、ブルックリンのウィリアムズバーグにある施設でおこなわれたこの訓練に、数百名のオフィサーが参加。最先端施設の中では、過去実際に起きた事案に基づき、現実に起こり得るアクティブシューターやテロへの対策を想定したプログラムが組まれている。

VR training capabilities

国土安全保障省の資金提供を通じて、ルイジアナ州立大学とVアームド(V-Armed)社が開発。様々なアバターを使うことでシナリオ設定を容易に構築できる利点を持つ他、VR内でおこなわれた行動パターンを集計することも可能となっている。

関連記事:
ニューヨーク市警察で最後の『リボルバー』から9㎜セミオートマチック式ピストルへの移行課程が始まる

Source: EXCLUSIVE: NYPD is testing virtual reality training drills for real-life scenarios like active shooters

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop