ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)
ニューヨーク市警が『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練を実施
ニューヨーク市警(NYPD)が、『バーチャル・リアリティ(VR)』を使った初の訓練をおこなった。

関連記事:
プレステVRで空軍特殊部隊パラシュート降下を仮想体験「Air Force Special Ops: Nightfall」
地元メディア「ABC7NY」によると、今月初め、ブルックリンのウィリアムズバーグにある施設でおこなわれたこの訓練に、数百名のオフィサーが参加。最先端施設の中では、過去実際に起きた事案に基づき、現実に起こり得るアクティブシューターやテロへの対策を想定したプログラムが組まれている。

VR training capabilities

国土安全保障省の資金提供を通じて、ルイジアナ州立大学とVアームド(V-Armed)社が開発。様々なアバターを使うことでシナリオ設定を容易に構築できる利点を持つ他、VR内でおこなわれた行動パターンを集計することも可能となっている。

関連記事:
ニューヨーク市警察で最後の『リボルバー』から9㎜セミオートマチック式ピストルへの移行課程が始まる

Source: EXCLUSIVE: NYPD is testing virtual reality training drills for real-life scenarios like active shooters

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ARA社がHUDと拡張現実(AR)を使った最先端システム『ARC4』をSOFICで紹介 (2019-05-24 13:32)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop