ニューヨーク市警察で最後の『リボルバー』から9㎜セミオートマチック式ピストルへの移行課程が始まる

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ニューヨーク市警察で最後の『リボルバー』から9㎜セミオートマチック式ピストルへの移行課程が始まる
Screenshot from NYPD official YouTube channel
This photo is for illustration purposes only.
全米最大の警官を擁するニューヨーク市警察で、いよいよ「リボルバー式ピストル」から9mm弾を使用する「セミオートマチック式ピストル」への最後の移行課程が始まった。対象者150名は全員、9㎜セミオートマチック式ピストルが制式化された1993年以前に警察官となった者で、8月31日までに一連の課程を修了する必要がある。

関連記事:
ニューヨーク市警が2018年8月末を期限にリボルバー式拳銃の利用を廃止し、セミオートマチック式へ移行
一報を伝えた地元タブロイド紙「ニューヨークデイリーニュース」は、現在大半の犯罪者がリボルバーよりも連射性に優れたセミオートマチック式の火器を使用していることを挙げ、「ひとつの時代の終わりだが必要なことだ」とも綴っている。

これまで全米の警察では「.38スペシャル弾」のリボルバー式拳銃の利用が多かった。しかし、国内でも強力な火器を使用するテロ事案や、凶悪化する無差別銃乱射事件への対処を想定した場合、9㎜オートピストルの17発に対して、僅か6発でしかも再装填時に時間を要してしまうリボルバー式では心許なさが否めないでいた。

本件が初報された昨年末の時点で、銃器情報サイトのタクティカル・ライフが、「対象者は3日間の移行課程を受講する必要があり、晴れて修了した警察官に対しては、①グロック17 Gen.IV、②グロック19 Gen.IV、③シグP226 DAO(Double Action Only)の3種から選択できるようになる」と報じている。

Source: NYPD officially phases out revolvers as 25-year vets transition to 9-mm.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop