映画『エクスペンダブルズ』来日記者会見イベントレポート

映画・テレビ Comments(0)
シルベスター・スタローン&ドルフ・ラングレン
映画『エクスペンダブルズ』来日記者会見イベント


10月16日にいよいよ公開を控えた映画『エクスペンダブルズ』に合わせて、本作の監督・主演・脚本を務めたシルベスター・スタローンと、共演のドルフ・ラングレンがPRの為に来日した。
映画史上でも例をみない程の豪華キャストで話題な本作は、ミリタリー要素も満載とあって、ミリブロご覧の皆さんにとっても必見の作品だ。というわけで今回は来日イベントでの模様をお届けしよう。
映画『エクスペンダブルズ』公式サイト:
http://www.expendables.jp/


開場前に敷かれたレッドカーペットに車から颯爽とスタローンとドルフが登場。
待ち構えていた報道陣とファンからは悲鳴の様な歓声が上がった。そして、レッドカーペットでは二人ともサインをするなど熱心にファンサービスを行った。
炎で照らし出された屈強な戦士たちがズラリと並ぶステージに2人が再登場して会見がスタート!仲の良いスタローンとドルフは終始冗談を言い合い、場内は笑い声に包まれる。


スタローン:
俺はアクション映画の先生としてリスペクトされるのをうれしく思っているんだ。だから今回同じアクション映画の同胞や後輩と共演できてとてもうれしかった。今回の映画には俳優だけでなくランディ・クートアなどの本物のアスリートも出ているんだ。
「ママ―」って泣きだすビッグ・ベビーだったね(笑)と言うのはもちろん冗談で彼らは本気で“傭兵”になろうとしちゃうから、「落ち着け、落ち着け」ってなだめるのが大変だったよ(笑)
ドルフに関してはとにかく強い大男に出て欲しかったんだ。俺は『ロッキー4』のときに彼にボコボコにされて4日間入院したからね(笑)たくさんスタッフがいる中で、本当に相性がいい人はほんの一握り。ドルフはその1人だよ。今回は全員そういう人を集めたんだ。
そして、ここは日本だけどこの映画も黒澤明監督の『7人の侍』にヒントを得ているんだ。俺は人生には2つの生き方があると思っている。ファイトするかギブアップするか。俺は“諦めない”“譲歩しない”“ギブアップしない”という3つをテーマに掲げているんだ!!俳優の場合はそれが永遠に残ってしまう。だから俳優たちにも「トライしろ」「べストをつくせ」って言っているんだ。


ドルフ:
今回の映画に出てスタローンに復讐したかったんだ(笑)僕は今でも空手を一生懸命やっているよ。昨日極真空手の人たちと食事をしたんだけど、そこにはこの映画の日本版主題歌を歌う長渕剛さんもいたよ!!
スタローンの撮影はとても厳しくて学校みたいだった(笑)僕の役もちょっとクレイジーで黒澤映画に通じるね。

【スタローンにファンがインタビュー】
QTwitterは本人?
オ―マイガー!!!アイアムTwitter Guy!!ツイッターはいろいろなアイデアを出す道具として使っているよ!

Qシュワちゃんのシーンについて
アーノルドは“ヒーロー”だから茶化してやろうと思ってね(笑)今回がテストだったんだけど、とても受けたから続編ではもっと彼を苦しめたい(笑)

Qパート2の予定は?
シナリオが出来たら来年3月にでも撮影に入るよ!ブルース・ウィリスはちゃんと出るよ!新しいメンバーも入れてね。


映画『エクスペンダブルズ』シルベスター・スタローン大相撲観戦・囲み取材
全米で大ヒットした新作映画『エクスペンダブルズ』を引っ提げて来日したスタローンが大相撲を観戦!!
九重親方と22年ぶり(88年に現役時代の千代の富士と面会)の再会&横綱白鵬の優勝を祝福!!

つづいて本人たっての念願であった大相撲を観戦。観戦後には九重親方、白鵬関の参加による囲み取材が行われた。


【相撲観戦の様子】
スタローンが入場するとそれに気が付いた観客が一時騒然となる・・・。
観客の声援にスタローンは立ち上がって手を振ったり、ガッツポーズをして応えた。その後スタローンとドルフは案内役の小錦氏に細かな解説をもらいながら観戦。
途中相撲協会より日本酒とウチワの差し入れがあり、二人は楽しく力士たちを応援していた。
そして、優勝のかかった結びの1番が近づくと場内は緊迫ムードになり、スタローンらも緊張した様子に。結びの1番で白鵬関が勝ち、優勝を決めると同時に、スタローンも大きな拍手を送る。
なお、この日の相撲中継でも、スタローンが観戦している様子が紹介されていた。


【囲み取材の様子】
相撲観戦後、スタローンはドルフを従え九重親方と22年ぶりの再会。親方が22年前に一緒に撮った写真を持って来ていたのでサインをプレゼント。そのお返しに親方はスタローンに22年前の写真を入れた額と相撲の絵をプレゼント。
相撲談議や映画の話で盛り上がった後は、現役を引退した親方から、スタローンに「まだまだ現役で映画を撮り続けてください」というエールが送られた。


その後、優勝を決めた白鵬関が駆けつけると、横綱の取り組みを見た直後のスタローンは大興奮!!
横綱と二人で相撲のポースで写真撮影。最後は横綱がスタローンをひょいと持ち上げて写真撮影を行った。「ロッキー」が好きでスタローンのファンという横綱も興奮気味であった。

【スタローンのコメント】
初めて相撲を見たのでとても感動したよ!!1対1で闘うっていうのが、とても分かりやすくてシンプルでいいね。力士たちが純粋に戦う姿に心を打たれた!!
22年ぶりに九重親方に会ったけど、今の方が若くてびっくりだよ!!会ったのは昨日だったっけ?って思ってしまうぐらい(笑)
親方は映画俳優みたいだね!(九重親方も「スタローンさんも変わっていないですね」とコメント。
さらに、映画を見たと言う九重親方に映画の中で走って飛行機に飛び乗るアクションシーンをほめられると)僕は映画の中だからできたんだよ。昔、彼(九重親方)の稽古を見に行ったことがあるんだけど、本物の格闘のトレーニングは素晴らしかったよ。次回作に今日の相撲観戦が活かされる可能性はもちろんあるよ。
相撲をやらせるならドルフはどうかな?ドルフは痩せすぎかな?初のスウェーデン人相撲取りなんていいんじゃないかな(笑)九重親方が『エクスペンダブルズ2』に出る可能性ももちろんあるよ!!いろんな国の人にでてもらいたいと思っているんだ。もしかしたら親方と闘うかもしれないけど、(強そうだから)やめた方がいいかな。(倒すために)ナイフを使っちゃおうかな(笑)映画では本物に見せるために250ポンドある本物のレスラーを使ったんだ。後ろに倒れるシーンで首に石があたって怪我をしてしまって、4時間も病院で治療したよ…(苦笑)でも次の作品の撮影までには完治するから大丈夫!!
相撲の映画を撮るかって?今までアメリカでは相撲の映画ってないからチャレンジになるよね。(横綱白鵬関がやって来ると)優勝おめでとう!!!俺は映画の中だけだけど、彼は本物だから本当にすごいよ!!


【取材こぼれ話】
■1988年『ランボー3/怒りのアフガン』のPR来日時に、九重部屋を訪問し、現役・千代の富士関と面談当時は、スタローンのほうが小さく見えるほどで、スタローン本人も、現役横綱の体に感動した。九重親方とは22年ぶりの再会!!スタローンは大相撲を両国国技館で観戦するのは初めて!!!
■ハリウッドスターの囲み取材は初!?
■スタローンは、本作『エクスペンダブルズ』の続編を構想中!本作では、屈強な敵軍隊は、すべてブラジルの格闘家(MMA)という徹底したキャスティング。続編で力士が登場する日も遠くない!?
■スタローンの来日は、2008年以来2年ぶり9回目。滞在ホテルにはトレーニングマシーンも設備され、来日中もトレーニングは欠かさない
■ドルフ・ラングレンは1988年以来22年ぶりの来日。極真空手の稽古は1日も欠かさず、来日中も日本にある道場へ通う予定


【作品概要】
「エクスペンダブルズ」(=消耗品軍団)は、巨額の報酬で、どんな危険な仕事でも引き受ける傭兵部隊。
腕に自信はあるが、お互いの過去も知らない7人の男たち。彼らが死んでも世間に知られることはない…文字通り使い捨ての消耗品軍団だ。
彼らのもとに、チャーチと名乗る謎の男から、南米の独裁軍事国家を壊滅させてほしいと仕事の依頼が入る。だが、彼らを待ち受けるのは、史上最も困難な死闘だった…!
屈強な軍隊と死闘の末に男たちが見つけたものとは!?

シュワルツネッガー、ブルース・ウィリス、ジェット・リー、ジェイソン・ステイサム、ミッキー・ロークらが出演するまさに夢のオールスター祭りにして、全世界26カ国・地域で初登場第1位の大ヒット作!監督、脚本、主演シルベスター・スタローンが贈る「ロッキー」「ランボー」シリーズを超える脅威のアクション超大作!

『エクスペンダブルズ』
10月16日(土)全国超拡大ロードショー
http://www.expendables.jp/



© 2010 ALTA VISTA PRODUCTIONS, INC


過去の「エクスペンダブルズ」関連記事:
夢のオールスター共演!スタローン最新作『エクスペンダブルズ』
スタローン主演映画「エクスペンダブルズ」10月公開予定


同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
シリーズスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の公式トレーラー第2弾が公開
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開
フィンランド「継続戦争」を延べ14,000名超とギネス記録の火薬で描く映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 シリーズスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の公式トレーラー第2弾が公開 (2019-04-22 12:53)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開 (2019-04-05 18:59)
 フィンランド「継続戦争」を延べ14,000名超とギネス記録の火薬で描く映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』 (2019-04-05 18:46)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開 (2019-03-13 16:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop