VICE、人気ミリタリー FPS「Call of Duty」提供のトレーラーを公開

ビデオゲーム Comments(0)
YouTube 上の人気デジタルメディア VICE は、大ヒットのミリタリー FPS シリーズ、Call of Duty 提供によるトレーラーを公開した。映像タイトルにもある「Superpower for Hire」は、11/4 発売予定の「Call of Duty: Advanced Warfare」トレーラー+PMC 解説の特別映像の際に紹介した内容ともリンクするもので、民間軍事会社 (いわゆる「PMC (Private Military Contractor)」) の台頭を示すストーリーとなっている。
11/4 発売「Call of Duty: Advanced Warfare」トレーラー+PMC 解説の特別映像が公開
現代的な民間軍事会社の勃興は、1989 年に遡ることができる。それまで 44 年に渡って続いた米ソによる世界を東西に分けた「冷戦」が終結し、国家間における安全保障上の「真空」を生み出したことで、テロの頻発、内戦・紛争の拡大が引き起こされ、そうした不安定地域の拡大は全地球規模でおこなわれる巨大な現象となった。グローバル化した世界の経済と、冷戦の終結に伴うこうした無国家地帯の出現によって民間軍事市場は急速に拡大。それまでの安全保障上での規範が急速な変化を余儀なくされ、一国家に縛られない新しい「紛争集団」として、古代の「傭兵集団」とは異なる高度な組織が形成されることとなった。この事によって、「国家の領域であった暴力の独占体制」が、民間軍事会社による幅広い参入を促す為の論理と正当性を形式的に付与されることになり、民間軍事会社が大きな存在感を示す結果となった。

VICE 2014/07/22
テキスト参考:P.W.シンガー著、山崎淳 訳 「戦争請負会社」 / NHK 出版


同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた
プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた (2018-11-21 18:25)
 プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始 (2018-09-26 19:43)
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop