NEWS

米海兵隊特殊部隊 MARSOC の歴史と内情を描いた『Always Faithful, Always Forward』

専門誌 Comments(0)
米特殊作戦軍 (SOCOM) の指揮下にある米海兵隊の特殊部隊 MARSOC (Marine Corps Forces Special Operations Command) の歴史や、訓練の過程などについてまとめられた書籍、『Always Faithful, Always Forward』が、今年 6 月に発売された。

本書は、元米海軍大佐で、また米海軍の特殊部隊シールズにも在籍していた、ディック・カウチ (Dick Couch) 氏によって書かれたものだ。彼はシールズを採り上げたフィクション、ノン・フィクションを多数執筆している。

MARSOC は 2006 年に設立され、アフガニスタンやイラクにおいて、テロリストの掃討や、情報収集任務などにあたった。MARSOC のモットーは「Always Faithful, Always Forward」(常に忠実、常に前進)で、これはそのまま本書の題名にもなっている。なお、本書の発売後の今年 8 月 6 日に、MARSOC はレイダース (Raiders) という公式の愛称が与えられた。

今回カウチ氏は、MARSOC の設立の歴史や、組織の開発、そして隊員の発掘や募集、訓練の過程について、膨大な情報へのアクセス権を与えられ、本書が書き上げられたという。発売後は、退役した軍人や書評サイトなどから、高い評価を得ている。

本書は現在、ハードカバー、Kindle、オーディオ・ブックの 3 形態で発売中だ。

Amazon 2014/06/03
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル!
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
 『コンバットマガジン』がA4ワイド版へと大型化。装いも内容も改め大リニューアル! (2018-02-27 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop