元デルタ Larry Vickers 氏が語る「MoH: Warfighter」の武器バランス

ビデオゲーム Comments(0)
2012年10月にEA(日本法人 エレクトロニック・アーツ株式会社)がリリースした「メダル・オブ・オナー ウォーファイター」のメイキングビデオ「Medal of Honor Warfighter - Weapon Balance」がVickers Tactical(You Tubeチャンネル)で公開された。

日本でも知っている人が多いと思うが、元デルタに所属した肩書きの多い武器実業家「ラリー・ヴィッカーズ (Larry Vickers) 」氏がEAの内部で同ゲームの武器や照準機の見え方、トランジション(ライフルからハンドガンへの乗り換え)武器の発砲音(実弾と映画用空砲)などよりリアルな再現に向けてゲーム開発側と裏側の薀蓄を語っている。

関連記事:
ミリタリーFPS、ゲーム業界・銃器メーカーとのライセンス問題
当時、ゲーム発売前よりヴィッカーズ氏が製作サイドにかなり関わっている事はメダル・オブ・オナー ウォーファイターのホームページで公開され話題になった。

2010年にメダル・オブ・オナーシリーズはそれまでの世界大戦物から現代戦に路線変更し、2012年発売の同ゲームでは実際の銃器メーカーの製品をゲーム中に幾つか登場させている。

また、実戦経験豊富な特殊部隊員をアドバイザーに向かえ、自身の体験談やアフガニスタンのミッションを基にしたシナリオプレイなどが物議を醸した。

関連記事:
「メダルオブオナー」DEVGRU隊員7名が機密漏洩で処罰

今回の動画は当時撮影されたものをヴィッカーズ氏のチャンネルにアップされたもので、新作などの話では無いが、EA側がリリースした動画とはまた違うものでヴィッカーズが製作陣に武器・弾薬の解説や射撃の方法などこれまで公開されていない物が中心となっている。

同チャンネルは関連した以下の動画も公開されている。

Medal of Honor Warfighter - Handguns


Medal of Honor Warfighter - HK MP7

Text: Ocean - FM201505

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始 (2018-09-26 19:43)
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
 首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開 (2018-06-18 22:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop