カラシニコフ購入ガイド発行へ

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo Credit: Staff Sgt. Mark Burrell, MND-B PAO
Image is for illustration purposes only.
クラウドファンディングサイトのINDIEGOGOでは、カラシニコフ銃購入時に参考となる「カラシニコフ・バイヤーズ・ガイド」を発行する企画がGun Websitesによって進行中だ。

内容はカラシニコフ関連情報を集約したもので、可能な限り正確な情報を集めるという。これは同時に、訂正のための再発行コストを節約することに繋がると説明している。

同サイトによれば、企画の動機として、「これまで誰も成し遂げなかったことに挑戦したい」、「カラシニコフについての情報ソースが不足している」、「カラシニコフ愛好家の助けとなりたい」、「銃規制推進派が意図的に嘘の情報を元に活動するのを阻止したい」などを挙げている。

関連記事:
AR ライフル 1,300 種以上の詳細データを収録する iPad 専用アプリ「FG:AR Rifles」が発売中
「AKライフルの軌跡 追悼 ミハエル・カラシニコフ」
このクラウドファンディングに参加すると、提供資金5ドルから100ドルまではAK I.D.カードやポスター、PVCスパム缶パッチなどが特典として獲得できるが、3,000ドルで専用ソフトを使用した相互コミュニケーションが可能となり、カラシニコフメーカーを含む、あらゆる会員と自由に情報交換が可能となる。
また、6,000ドルでは米国内のカラシニコフメーカーを訪問し工場見学が可能な他、12,000ドルではポーランド、または他地域のカラシニコフ工場を見学できる特典が予定されている。

現在、目標資金の800パーセントを超える約6,500ドルが集まっており、発行は確実とみられる。

だが、集約する情報は膨大なものになると見られ、完成時期は未定だ。完成すれば、これまでにない究極のカラシニコフ資料となるかもしれない。

Kalashnikov Buyers Guide / IndieGoGo
Text: ポル - FM201602

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~
Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~
キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催
グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~ナイトタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 17:12)
 Shin Tactical Lecture 2018取材レポート~デイタイムタクティカルトレーニング編~ (2018-11-02 16:50)
 キャンプ&ミリタリー融合イベント、第1回『ミリキャン』が開催 (2018-10-31 16:55)
 グロックのリコイルスプリングガイドに内蔵できるDeadpoint社の超コンパクトウェポンライト (2018-10-26 11:52)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop