リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」
Photo: Reebok Strikepoint
ミズーリ州セントルイスで軍用フットウェアや安全靴の開発・供給を手掛けているワーソン・グループ社 (Warson Group, Inc.) が、リーボック (Reebok) の新作タクティカル・ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」を発表した。ストライクポイントは、「アスレチック」と「タクティカル」の両要素を持ち合わせた新感覚の軍用ブーツとして位置付けられている。

関連記事:
スポーツ用品大手 Reebok から Kryptek Typhon 迷彩のタクティカルブーツが発売

リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」
Photo: Reebok Strikepoint
ストライクポイントは、8 インチ (RB8840) モデルと、6 インチ (RB8640) モデルで展開。8 インチモデルについては、米陸軍が 2015 年から導入を始めている新型迷彩パターン「OCP (Operational Camouflage Pattern) 」戦闘服規格 (AR670-1) に準拠している。

関連記事:
アメリカ陸軍 OCP迷彩導入に併せて濃色のコヨーテブラウンのブーツを採用
リーボック (Reebok) の新作軍用ブーツ「ストライクポイント (Strikepoint) 」
Photo: Reebok Strikepoint
独自に開発されたカスタムフィット技術「U-FORM」を搭載することで、中足部を包み込むラップは歩行時に生まれる熱を使って履く毎にフィット感を得ることができる。

また、足首に掛けて減摩材を使った「ETC 360°ライニング」を採用したことにより、歩行時の衝撃で生まれる熱と汗により発生する湿気を減らす効果を持ち、ブーツ内の環境を快適に保つ。

加えて踵付近のソールには、リーボック独自の「R52」リバウンド・フォームを実装することで、衝撃を吸収し次の一歩を踏み出す反発力を生み出している。また、拇指球付近のソールにはロープ降下を想定した「RopePro」を採用している。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
 「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開 (2019-09-27 18:59)
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop