PC版「バイオハザード5」 本日発売!

ビデオゲーム Comments(0)
大ヒットシリーズ「バイオハザード」の最新ナンバリングタイトル、「バイオハザード5」のPC(Windows)版が本日発売!

しかもただの移植ではない。色々なPC版オリジナル要素はあるが、特筆すべきはなんといってもNVIDIAのGeForce(R) 3D Vision にネイティブ対応したこと。
対応機器があれば、奥行きある立体的なグラフィックでさらなる恐怖と緊迫感を体感できる。

⇒公式サイト:http://www.capcom.co.jp/bio5/pc_release.html
⇒関連記事:バイオハザード5特設ブログ


PCならではのさらに美しいグラフィックで「バイオハザード5」をプレイできる。



なんだか世紀末風のクリスとOL風なシェバは、PC版で追加された新コスチューム。
Co-opプレイはPC版でも健在で、もちろんインターネットで世界中のユーザーともプレイできる。



本編クリア後のエクストラゲーム「ザ・マーセナリーズ」にも、圧倒的多数の敵が登場する新モードが追加された。


■タイトル名: バイオハザード5
(英表記:BIOHAZARD 5)
■対応ハード: Windows PC(Vista / XP対応)
■ジャンル: サバイバルホラー
■プレイ人数: 1~2人
 (インターネット接続又はLOCAL接続で2人Co-opプレイが可能)
■CERO: 「D」(17才以上対象)

■発売日(日本):好評発売中!
(2009年9月17日発売)
■希望小売価格:7,340円(税込)

■©CAPCOM CO., LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED.
告知ページ: http://www.capcom.co.jp/bio5/pc_release.html




同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始 (2018-09-26 19:43)
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
 首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開 (2018-06-18 22:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop