ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ARESエアソフトの新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』が間も無く発売
Photo from ARES Airsoft
ARESエアソフト注目の新製品、ボルトアクション式スナイパーライフル『M40A6』の発売が間も無くであるとして、メーカーが公式に発表をおこなった。

ARES Airsoft M40A6(MSR-025/MSR-026)
・スプリングパワー
・チークピース対応完全調節式ストック
・人間工学に配慮した滑り止めラバーのピストルグリップ
・8面モジュラーハンドガード
・490mmピカティー規格レイルシステム
・6mm BB弾×45発装弾マガジン
・CO2アップグレード互換
(スコープ、サイレンサー、バイポッドは別売)
実銃M40A6を見てみると、米海兵隊システム司令部(MCSC)が2016年7月に、M40最新バージョンとして紹介しており、海兵隊全域のスナイパーに対して手配を始めていたことを明かしている。

関連記事:
米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」

更に遡ること2013年7月、海兵隊は現行M40との間での互換性を持ちながらも、コンパクトに折り畳め、車輌など限定された空間において輸送を容易とし、レール対応箇所の延伸によって拡張性を図るなどの要件に基づき、M40モジュラーストック計画(Modular Stock Program)に向けた要請書を発出している。

その後2014年11月になって、レミントン社がそれまで M40A3/A5 で使われていた McMillan Tactical A4 に替わって、M40A6用にモジュラーストック(RACS: Remington Arms Chassis System)×2,000セットを受注。RACSの開発にはCadex Defence社が協力している。

しかしながら、目下の主戦場である中東地域に目を向けると、射程の長い敵火力(重機関銃)に包囲されることが幾度となくあり、その度に劣勢を強いられることがあったことから、海兵隊は「.300ウィンチェスター・マグナム弾」を採用した新型スナイパーライフル『Mk13 MoD7』を「主力スナイパーライフル」としている。

関連記事:
新型狙撃銃『Mk13 MoD7』は米海兵隊の「主力スナイパーライフル」に

MCSCによると、「M40A6」は残存するものの主に訓練用途で利用される「代替スナイパーライフル」の1つ(an alternate sniper rifle)になることが示されている。

Source: The new spring powered M40A6 is available soon!

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SRUプレシジョンが東京マルイ&KSC製品対応の『SR-PDW-93』コンバージョンキットを発売
米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入
【PR】タニコバ×BATONのSTGA認定CO2ガスガン、『BM-9 CO2GBB』が9月発売!
ウォールマート限定の子ども用ライドオン「電動戦車」が発売
世界最小設計の遠隔操作式BB地雷「アバターグレネード・リモートコア」
Knight's Armamentのライセンスを獲得した「SR25ECC」がVFCよりガスブローバックで登場
 SRUプレシジョンが東京マルイ&KSC製品対応の『SR-PDW-93』コンバージョンキットを発売 (2019-08-08 18:06)
 米海兵隊 PMAG用にHSGI社のX2R TACO弾倉ポーチ15万個を購入 (2019-08-02 17:57)
 【PR】タニコバ×BATONのSTGA認定CO2ガスガン、『BM-9 CO2GBB』が9月発売! (2019-07-26 06:00)
 ウォールマート限定の子ども用ライドオン「電動戦車」が発売 (2019-07-17 17:25)
 世界最小設計の遠隔操作式BB地雷「アバターグレネード・リモートコア」 (2019-07-11 18:36)
 Knight's Armamentのライセンスを獲得した「SR25ECC」がVFCよりガスブローバックで登場 (2019-07-10 12:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop