香港メーカー「ARES Airsoft」から『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリース予定

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Amoeba Airsoft
香港エアソフトメーカー「アレス・エアソフト(ARES Airsoft)」からボルトアクション式のスカウティング・ライフル『AMOEBA STRIKER AS-02』が近くリリースされる。AS-02は、2016年に発売された「AS-01」の後継にあたる機種。

関連記事:
海外製ボルトアクションのデキは?AMOEBA Airsoft 「Striker AS-01」レビュー

Photo from Amoeba Airsoft
先代のAS-01はサバイバルゲームでの利用に特化した製品であり、「エアソフト初」を謳う「ロードインジケイター」や、従来製品と比べて30%のショートストローク化を実現する「コンパクトパワースプリングボルト」の他、確実な給弾・ジャムの軽減を図った「ダイレクトフィーディングシステム」といった特許出願の各種機構を備えた意欲的な仕様が光っていた。

2年の歳月を経て投入される今回のAS-02では、①90度シアー、②フルレングスとなったトップレイル、③ショート化されたマグウェル、④ネジ固定式ボルトピンといった特徴を持つ「第二世代アッパーレシーバー(G2 Upper Receiver)」の存在が明記されている。
また、ティーザーには射撃姿勢の維持を支援するショルダーレストやM-LOKハンドガードの存在と共に、ブラック、OD、デザート・アース、アーバングレイと4色のカラー展開となることが示されている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
 PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた (2018-11-21 18:25)
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop