サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Cybergun
フランスの大手エアソフト企業であるサイバーガン社は11日、実銃メーカー「グロック(Glock)」社の公式ライセンスを取得した、「GLOCK G17 Inokatsu」を100挺限定で発売することを明かした。

サイバーガンによるエアソフト版Glock製品と言えば、フランス内務省をはじめ、同国軍・法執行機関の訓練用途向けとして納入契約が交わされたことが未だ記憶に新しい。

関連記事:
Cybergun、フランス政府に Glock レプリカの納入契約。資本増強で軍・法執行機関市場に本格参入へ
サイバーガンがグロックの正規ライセンス下でエアソフトガンをリリース。製造はVFCが担当

Photo from Cybergun
訓練用途に順応した製品が民間向け市場に販売されるとあって期待が膨らむところだが、フランス国内のみの販売となっている。


Photo from Cybergun
スライド側面に最大値を「100」とするシリアルナンバーが刻まれている
加えて製品名称の中にある「イノカツ」とは、ご存知の方も多い、高級路線のエアソフト開発を手掛ける台湾エアソフトメーカーの名称。サイバーガンは、2010年5月にイノカツを買収している。


Photo from Cybergun


Photo from Cybergun



Photo from Cybergun


Photo from Cybergun


Photo from Cybergun
国内販売事業者の1つ、AD1エアソフトでGLOCK G17 Inokatsuは、360ユーロ(=約4万6,000円)の値札が付けられている。なお、AD1エアソフトがおこなっている限定プレオーダーでは、シリアルナンバー刻印の他、グロックのTシャツ、ベースボールキャップ、パッチ、ケースが付属する。

GLOCK G17 Inokatsuの主な特徴は以下の通り。

・新たな内部
・100%同一フレーム
・より良い耐久性と再現性を実現したアルミ製CNCスライド
・より強いリコイルと安定性の最大化に寄与する新型ノズル&ハウジング
・更に優れた耐久性のためのワンピース・スチール・スプリング・ガイド&スチール・ハンマーセット
・CO2マガジンと共に出荷するが、要望によってガス注入式マガジンにも対応可能


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
 PUBGの格言「森に逃げれば当たりにくい」は本当か色々な口径の銃で試してみた (2018-11-21 18:25)
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop