フランス大手エアソフト企業『サイバーガン』が『Glock』の独占ライセンスを侵害した2社との裁判に勝利

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
フランスの大手エアソフト関連企業『サイバーガン社(Cybergun, S.A.)』が、保有する「独占ライセンス」に反して不正にコピー品を販売していた業者を相手取った裁判に勝利した。
対象となっているライセンスは、オーストリアのピストル製造事業者である『グロック社(GLOCK Ges.m.b.H)』とのパートナーシップに基づく独占契約。2015年、両社はフランス軍・警察部隊への訓練用途としてレプリカ品(=エアソフト)の供給に関する契約を締結している。
その後、2017年に契約が改定され、民間市場への供給も解禁となっている。

関連記事:
Cybergun、フランス政府に Glock レプリカの納入契約。資本増強で軍・法執行機関市場に本格参入へ
サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売


Screenshot from Google Finance
19日にレンヌ裁判所が下した判決によると、被告の①New Europ'armと②BO Manufactureの2社は、5万ユーロ(=約640万円)の損害賠償と、不正競争による1万ユーロ(=約130万円)の罰金に加えて、在庫として抱えている侵害商品の破棄が言い渡されている。マーケットでは今回の判決を好材料とみて、サイバーガンの株価が一時、先週末と比べて5%上昇し、0.76ユーロを記録した。

サイバーガンは今回のグロックをはじめ、コルトやFNハースタル、デザートイーグルなど、世界的に著名な銃器のブランドネーム×29のライセンスホルダーとして活動している。

Source: CYBERGUN : GLOCK ET CYBERGUN DÉGAINENT FACE AUX CONTREFACTEURS D'ARMES FACTICES

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画
WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
 「グレイシー柔術」を用いた警察官向け逮捕術をホイス・グレイシーが解説する動画 (2018-12-13 18:45)
 WEの次期新製品はガスブローバックの『HUDSON H9』 (2018-12-12 16:29)
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop