現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 イベント開催情報 Comments(0)
現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催
Image from Disasterz
「世界の機能がもしも停止したら…」
終末的世界観の新イベントゲームとして好評を博した第1回『Disasterz(デザスターズ)』の開催から半年余り。正統続編のイベント「DISASTERZ CAMP」が2020年1月25日(土)・翌26日(日)に、和歌山県・バトルランド-1で開催となる。

DISASTERZ(デザスターズ)
http://dsz.militia.jp/

関連記事:
終末的世界観の新イベントゲーム、『Disasterz(デザスターズ)』が開催
日時:2020年1月25-26日(土日)。
料金:4,500円
場所:バトルランド-1
主催:明日香縫製 VOLK

前回開催の様子。

DISASTERZ(デザスターズ)はPost Apocalypse(終焉後)ではなく、early apocalypse(終焉過渡期)を舞台としたサバイバルゲームイベントです。

舞台設定は「世界機能が停止した当日から1年以内」となります。

今まさに滅びゆく世界の必須装備として、レギュレーション上携行が義務付けられているのは「かばん」。最低でも3Daysバッグ以上のボリュームのものを戦闘中も携行しなければなりません。

誰も信用出来ない世界なので、全財産を背負ってのサバイバルになります。

今回の第二回デザスターズは2Daysイベントの「DISASTERZ CAMP」になります。
日曜日はサバゲ形式になりますが、土曜日は「デザキャン」になります。
デザキャンスペースが設けられ、滅びゆく世界で一人で背負える範囲の野営を張る事が出来ます。(実際の宿泊は現代的な宿泊装備を使ってもOKです)

現用装備x終末状況の新感覚イベントです。

DISASTERZ(デザスターズ)
http://dsz.militia.jp/


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
 ステアー社 vs シグ社のP320特許侵害訴訟、裁判所がステアー社の訴えを棄却 (2020-03-03 19:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop