NEWS

オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入

海外軍事 Comments(0)
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
Photo from Revision Military.
オランダ国防省の次世代戦闘ヘルメットシステムに、リビジョン(Revision)社の『バトルスキン・バイパー(Batlskin Viper®)P6N』が選定された。
完全公開競争(Full and Open Competition)の下で獲得したこの契約には、戦闘ヘルメット×48,800個の供給と、保守などを含めた2034年までのサポートが盛り込まれている。
また、新型オランダ迷彩「ネザーランズ・フラクタル・パターン(Netherlands Fractal Pattern)」のヘルメットカバー×55,000枚と、快適な装着感を提供する「アペックスライナー(APEX Liner)」を全てに含むことや、レイルシステム、ウィルコックス製「L4シュラウド」を追加アクセサリとすることも示されている。今年後半に国防省へのデリバリーが始まる見込み。

オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
Photo from Defensie Materieel Organisatie (DMO) Magazine

オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
Photo from Defensie Materieel Organisatie (DMO) Magazine
現行仕様の軍用ヘルメットは、1990年代初頭に支給されたもので、国防資材部(DMO: Defensie Materieel Organisatie)は機関誌の中で、その早急なリプレイスの必要性を訴えていた。

Source: Revision Awarded Contract By Dutch Ministry Of Defence To Deliver Next Generation Helmet System

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop