かつてないWW2が描かれる「Battlefield V」 の公式トレーラー発表

ビデオゲーム Comments(0)
エレクトロニック・アーツは2018年5月23日、ロンドンで開催されたイベントにて最新作「Battlefield V」を発表し、同時にトレイラーも公開した。

Photo from EA/DICE
今作の舞台となるのはWW2(第二次世界大戦)ではあるが「今まで描かれたことのないWW2」になるという。
公開されたトレイラーはフランスのパルチザンが戦う様子を描いたものだが、特徴的なのはムービーからそのままプレイ動画へと移行すること。つまりムービーのクオリティでゲームが楽しめるというわけだ。


Screenshot from Battlefield official YouTube channel
今作の特徴の1つとして新型Frostbiteエンジンの採用がある。これによって物理演算が大幅に強化されており路面状況によって走る速度が変わったり、爆風によって吹き飛ばされるなどリアルな演出が可能になった。


Screenshot from Battlefield official YouTube channel
トレイラーで確認できた要素としては「仰向け匍匐」や「グレネードの投げ返し」などがあり、これらもシステムに組み込まれているようだ。
さらにキャラクターだけでなく銃のカスタマイズ要素が豊富というのもうれしいところ。

ゲームルールは最大64人のプレイヤーが2チームに分かれて4日間のミッションに挑む「Grand Operations」、シングルプレイモード、4人モードの「Combined Arms」、ストラテジー要素のある「Fortifications」などがある。


Screenshot from Battlefield official YouTube channel
発売は通常版が全世界共通となる10月19日で、11月から早くもDLCの提供が開始予定。
価格は未発表だが対応機種はPC、PS4、Xbox Oneとなっている。
すでに日本でも予約が開始されているので気になる人は要チェックだ。

公式web:https://www.battlefield.com/ja-jp/games/battlefield-5
先行予約ページ:https://www.battlefield.com/ja-jp/buy/battlefield-5

Text: 乾宗一郎 - FM201805

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始
特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘
『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始
特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説
オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始
首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 プレイヤーは民間軍事会社(PMC)の指揮官、カプコン新作スマートフォンアプリ『Black Command』本日配信開始 (2018-09-26 19:43)
 特集:カプコン「Black Command」第3回~「ゲーム化」された現代の戦闘 (2018-09-18 17:07)
 『Tom Clancy's The Division』に登場したあのグレネードがエアソフト仕様でプレオーダー開始 (2018-09-04 10:33)
 特集:「BLACK COMMAND」民間軍事会社を題材にした新作スマホゲームの世界観を徹底解説 (2018-08-21 14:49)
 オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始 (2018-06-27 11:51)
 首都ワシントンDCに舞台を移した「ディビジョン2」予告編動画が公開 (2018-06-18 22:32)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop