最大99人とバトルロイヤル。マルチプレイFPS『Fear the Wolves』のトレーラーが初公開

ビデオゲーム Comments(0)
チェルノブイリの放射能汚染エリアを舞台にバトルロイヤルを展開するマルチプレイFPS『Fear the Wolves』のトレーラーが初公開された。開発は、サバイバルホラーFPS「S.T.A.L.K.E.R.」シリーズの開発チームが設立したウクライナのVostok Gamesが行い、販売をFocus Home Interactiveが担当する。

© 2018 Vostok Games, Focus Home Interactive. All rights reserved.
詳細は現時点で明かされていないが、刻々と拡大する放射能汚染エリア、異常気象と超常現象、フィールドを徘徊する突然変異した凶悪なオオカミ、といった超過酷な環境のもとで地図・武器・防具(ガスマスクとハザードスーツ)を掻き集め、最大99人の敵と戦うバトルロイヤルゲームになるようだ。


© 2018 Vostok Games, Focus Home Interactive. All rights reserved.
放射能に適応したオオカミは非常に厄介な存在だが、うまく利用すれば敵にけしかけることも可能。また、ゲームの終盤にはプレイヤーひとりだけを回収するヘリが飛来し、無事に搭乗することでゴールとなる。但し、ヘリの飛来ポイントは1ゲーム毎に異なっており、複雑な地形や拡大する放射能汚染エリアを考慮しながら、その都度ルートを探すことになる。

対応プラットフォームは、PC、PlayStation 4、Xbox One。PC版は2018年内、コンシューマ機版が2019年に発売予定。尚、今夏中にPC版のアーリーアクセス配信が開始される予定である。

オフィシャルサイト(英語):http://www.fear-the-wolves.com/en

Text: 弓削島一樹 - FM201806

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開
「Black Command」等身大タペストリーで写真を撮れば気分はPMCメンバーの一員!撮影時のエピソードを公開
『バイオハザード RE:2』登場の「Lightning Hawk」が東京マルイ製ガスブロ製品として完全限定で発売に
カプコン『BLACK COMMAND』×『バイオハザード RE:2』期間限定コラボで、レオンとクレアが参戦
カプコン『BLACK COMMAND』最新アップデート『ノーザンウォッチ』が配信開始!
『Black Command』大型アップデート第2弾、「バイオハザード」とのコラボキャンペーンが開催中
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開 (2019-04-05 18:59)
 「Black Command」等身大タペストリーで写真を撮れば気分はPMCメンバーの一員!撮影時のエピソードを公開 (2019-03-08 11:47)
 『バイオハザード RE:2』登場の「Lightning Hawk」が東京マルイ製ガスブロ製品として完全限定で発売に (2019-02-22 13:25)
 カプコン『BLACK COMMAND』×『バイオハザード RE:2』期間限定コラボで、レオンとクレアが参戦 (2019-02-09 02:09)
 カプコン『BLACK COMMAND』最新アップデート『ノーザンウォッチ』が配信開始! (2019-01-18 13:12)
 『Black Command』大型アップデート第2弾、「バイオハザード」とのコラボキャンペーンが開催中 (2018-12-26 18:49)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop