IWI社 装弾数最大16発のブルパップ式のセミオートショットガン「タボールTS12」を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from IWI
イスラエル軍の制式小銃「タボール」の開発元ということでしられるIWI社がブルパップ式のセミオートショットガン「タボールTS12」を発表した。予価1399ドル(約16万円)。

参考:IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 - ミリブロNews
TS12はガスオペレーション方式のセミオートショットガン。バレル下にあるロータリー切り替え式のチューブラーマガジンに15発、薬室に1発の合計16発を装弾できる。

IWI社のプレスリリースによればTS12は「ホームディフェンス用途」として開発されたとのこと。接近戦で猛烈な火力を発揮することは間違いないだろう。

Photo from IWI

他の「タボール」システムと同じくイジェクションポートは左右切り替え式、レバー類も左右両方から操作できる。レシーバー上部は一体型のピカティニーレイル、左右にはM-LOKスロットが配され、各種アクセサリを取付可能。まずブラックカラーで発売され順次OD、FDEカラーのバリエーションが発売されるという。

Source: IWI US Introduces the TAVOR TS12, Their First Bullpup Shotgun - Soldier Systems Daily

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン
ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催
【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン!
独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催
「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』
スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』
 大阪泉南郡岬町に西日本最大級の市街地戦を主体とした複合フィールドが11月上旬プレオープン (2018-10-19 19:09)
 ガンショップFIRST主催、最後の『SVG Unlimited』が開催 (2018-10-18 18:37)
 【PR】Dress&Gun和歌山松江店&併設室内フィールド「シューティングスタジアム」がオープン! (2018-10-18 11:51)
 独ソ戦リエナクトメント「オストフロント1944~グナイゼナウラインの攻防」が12/22・23に開催 (2018-10-15 13:18)
 「弾薬箱(アモ缶)」を模した電動BB弾ローダー『エレクトリック・スピードローダー』 (2018-10-12 12:52)
 スリングの巻き取り収納機能が付いたWMD GunsのAR-15用アイデア商品『SlingStock』 (2018-10-10 12:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop