NEWS

IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売

海外軍事 Comments(0)

Photo from IWI
イスラエルの小火器開発企業、IWIがブルパップライフル「タボール」シリーズに.308/7.62mm口径のバリエーション「タボール7」を追加する。

タボール7はイスラエル軍の制式小銃として知られる「タボール TAR-21」のデザインをベースに、口径を大型化したモデル。同じく7.62mmのSR-25用弾倉を流用することができ、17インチと20インチ銃身のバージョンが用意される予定。

Photo from IWI
内部メカニズムはかなり大きな改修が行われ信頼性が増しているという。外部の操作系については元モデル同様、高いアンビデクストラウス性が確保されており、各種ボタン・レバー類が左右両側から操作できる他、ボルトハンドルと排莢口の方向も左右にほぼワンタッチで切り替えることができる。ハンドガードには3時と9時にM-LOKが、6時方向にはピカティニーレールが配され拡張性も高い。

Tavor Ejection Swap - YouTube

プロモーション動画では弾薬をツールに使用してガスレギュレーターの切り替えを行っているシーンがある。メカを動作させない「オフ」のポジションが特殊作戦用途として用意されているという。
IWI TAVOR 7 Assault Rifle 7.62X51mm - YouTube

Source: IWI Launches 7.62X51mm TAVOR Bullpup Rifle Family – IWI

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop