カラシニコフ社が商標権の侵害で国内のエアソフトショップに賠償請求の書簡を送付

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Kalashnikov Concern
ロシアのニュースサイト「ライフ」は2日、カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)の顧問弁護士が、エアソフトクラブや販売ショップに対して、無許可でAK-47、SVD、マカロフ(Makarov)のトレードマークを使用した製品が見付かったとして、知的財産権(商標権)の侵害を訴えた書簡を送りつけていたことを報じている。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か
AK-47の名前を使ったガンスミスは、150万ルーブル(=約290万円)、マカロフピストル(の権利使用)は50万ルーブル(=約97万円)の請求額が示されたとする事例の他、とあるショップでは200万ルーブル(=約390万円)、または年間50万ルーブル(=約97万円)の金額が提示された事例もあったようだ。

賠償請求の知らせを受け取った店主は、ライフのインタビューに対して「我々にとっては大きな金額です。これでは破産してしまう…」と嘆く一方で、ロシアおよび独立国家共同体(CIS: Commonwealth of Independent States)向けニュースサイトであるビスタニュースの記事では「正規で購入する気になれない…」と心情を吐露しながらも「価格が商売的に正当化されるべきだ」とする意見も紹介されている。

同様の書簡は、ロシア各地のエアソフト業者にも送り届けられているようだ。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース
Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中
多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催
ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也
フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰
第88回『ビクトリーショー』が開催
 人気のスズキ・ジムニーにGクラスとディフェンダーをイメージしたエアロパーツがリリース (2018-11-21 12:42)
 Mafioso AirsoftがフルメタルのガスブローバックM1928A1トンプソンを開発中 (2018-11-19 14:14)
 多数の新製品が登場!『東京マルイフェスティバル』5thが開催 (2018-11-19 13:43)
 ブラックライフルコーヒーのトヨタ・プリウスは『M61バルカン』で武装。1分間の発射で弾代は2,000万円也 (2018-11-16 12:22)
 フランス大手エアソフト関連企業『サイバーガン』が内務省認可を取得し「実銃製造」事業者へ。株価が高騰 (2018-11-14 13:11)
 第88回『ビクトリーショー』が開催 (2018-11-05 18:39)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop